増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第52回 自己正当化の圧力

2011年2月10日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

人はいつでも自分の判断は正しいと思っており、余程痛い目にあわないとなかなか反省しないものです。大抵の説教は役にたちませんし、叱られたときは谢る前に言い訳してしまいます。

悩んだ後に难しい判断をした场合や、间违った选択をしてしまった场合、自分の行动は正しかったという理由を无理矢理捜して自分を纳得させることがあります。

一方、何気ない选択行动をした後でも、人间は常に自分の行动は正しかったと解釈しがちであることが知られています。自分の行动は正しかったと信じることによって心の平安が得られるからだと思われます。

このような「自己正当化の圧力」は非常に强いものであり、Carol TavrisとElliot Aronsonの「なぜあの人はあやまちを认めないのか」(Mistakes Were Made, but Not by Me: Why We Justify Foolish Beliefs, Bad Decisions, and Hurtful Acts)という本で様々な例が绍介されています。

例えば、高価な商品を购入した场合、买うかどうかを直前まで迷っていた场合でも、いったん购入してしまった後では、自分の商品选択が正しかったことを信じようとする心理が働くため、その商品の评価は购入前よりも购入後の方が高くなることが実证されています。

购入を検讨している商品の评判を知りたい场合、その商品を既に购入ずみの人の意见を闻こうと考えるのが普通でしょうが、购入してしまった人は自分の购入行动を无意识に正当化しようとして、その商品の価値を高めに见积もるバイアスがかかってしまうので、妥当といえない评価を行なう可能性が高くなります。

特に、家や车のように高価で返品が难しいものを购入した场合や、大量の时间と労力を投入した场合のように、やり直しがきかないことに対しては自己正当化の圧力がより强まることが知られています。

无意识に働く自己正当化の圧力のために、理性的に见えない行动を取ってしまうこともあります。

悪徳商法に骗されたことがある人は二度と骗されないように注意するものだと思うかもしれませんが、骗されたときの自分の判断を无意识に正当化しようとするあまり、间违った判断を缲り返してしまうことにより似たような话に何度も骗されてしまうこともあるようです。

また、现在の行动を正当化するために过去の记忆を无意识に改窜してしまうことすらあることが知られています。他人から见ると适当な嘘をついているように见える场合でも、本人は本当にそう信じていると话がこじれてしまいますが、间违った记忆が生じる根本的な理由は自己正当化の圧力である可能性があります。

自己正当化による説明

人间の様々な行动を「自己正当化」で説明することができます。

心理学者のスタンレー?ミルグラムは、6次の隔りを発见したことで近年よく知られていますが、服従実験と呼ばれる実験を行なったことでも有名です。

これは、ナチスの命令によりユダヤ人虐杀が行なわれたことをふまえ、「権威のある人间に命令されれば人は杀人さえ行なうのか?」ということを调べるために行なわれた実験で、别名「アイヒマン実験」とも呼ばれています。

服従実験では、「罚によって记忆能力が変化するかどうかを调べる」という実験を行なうという名目で集められた被験者が教师役となり、生徒役の被験者(実はサクラ)と组になって、记忆の成绩が悪いと电気ショックを与えるという実験を缲り返します。

生徒が间违えるたびに电気ショックを强くするのですが、「生徒が悲痛な痛みを诉えるほどショックが强くなった场合でも実験を続行するように」という実験主催者の指示に従い、生徒が死ぬほどまで教师役の被験者はショックを与え続けたという冲撃的な结果が得られたというものです。

普通の人间でも命令されれば非道なことも行なってしまう可能性があることを示したこの実験结果は惊くべきものですが、実験は何度も追试が行なわれており、信凭性については疑问が无いと考えられています。しかし、何故人间がこのような行动をとってしまうかの解釈については议论が分かれています。

人间がこのような行动をとってしまう理由として、「人间は権威に弱く、権威あるものに命令されると従ってしまう」という解釈が一般的ですが、山形浩生氏はミルグラムがこの実験について书いた本の邦訳の解説において、人は権威に服従しているのではなく、権威を信頼しているからこのような行动をとってしまうのだという解釈をしています。

どちらの解釈も権威の存在を前提としていますが、実は権威が存在しない场合でも自己正当化の圧力によってこのような行动をとってしまうのだという解釈も考えられます。

ロバート?チャルディーニの「影响力の武器」という本では、セールスなどにおいて他人に影响を与えるための様々なテクニックやその対策が解説されています。たとえば、人间は他人に何かをしてもらったとき借りを返さなければならないと感じてしまう「返报性の原理」というものがあるので、小さな恩を売ることにより大きな见返りを得られる可能性があることが示されています。この本では他にも数种类の原理が解决されていますが、返报性の原理と并んで重要な「一贯性の原理」というものについても解説されています。人间は矛盾する行动をとることを嫌がるものなので、小さな頼みを闻いてもらった後でそれに似た大きな頼みをお愿いすると、そちらもOKしてもらえる可能性が高くなるのだそうです。

この「一贯性の原理」は「自己正当化の圧力」と似ているように思われます。一度何かの依頼を受诺した场合、それに似た别の依頼を断わることを正当化できませんから、依頼を受诺せざるをえなくなることになります。服従実験の场合も同様で、実験のために一度苦痛を与えてしまった场合、その行为を正当化するためには何度でも苦痛を与えることが必要になります。つまり、自己正当化の圧力が充分强ければ、権威が存在しない场合でも服従実験のような结果が出てしまうかもしれません。

服従実験以外の心理学実験に対しても「自己正当化の圧力」という考えで解釈できることが多いようです。

自己正当化力の活用

18世纪の米国で政治家/発明家として活跃したベンジャミン?フランクリンは、「フランクリン自伝」で、自己正当化の力を使うことによって、敌対していた人物を味方に変えることに成功した逸话を述べています。フランクリンは、自分を嫌っていると思われる人から本を借りるという方法をとりました。フランクリンからの依頼を无下に断わるわけにもいきませんから、不审に思いながらも本を贷すことになったわけですが、「何故嫌ってる人间に自分は本を贷してやるのだろう?」と无意识的に悩んだ结果、「嫌いな人间に本を贷すはずはないから、自分はフランクリンを嫌っていないのだろう」という自己正当化心理が働き、その後はフランクリンを嫌うような行动をとらなくなったのだそうです。

他人を味方につけようとする时、その人の得になるようなことをしてあげればよいと考えがちですが、それよりも何かを頼むことの方が効果的だというのは面白いところです。自己正当化力の强さは相当なものだといえるでしょう。

自己正当化力のコントロール

间违った判断に结び付きやすいにもかかわず自己正当化の力が强く残っているのは、自己正当化が有利に働くことが多いからだと思われます。

敌に追われたときは、どちらに逃げるべきか悩んでる暇があればサッサと决めた方向に全力で逃げる方が生き残りやすいでしょう。一度结婚してしまった场合は、その结婚が正しかったかどうかクヨクヨ悩むよりも选択の正しさを完全に信じて生きる方が得でしょう。常に自分が正しいと思っている人は精神的に悩むことも少なくてすむでしょう。

自己正当化力が强いほど生き残りに有利だったのかもしれません。

とはいうものの、现代では自己正当化力が强いと様々な问题が出るのは确かです。自己正当化力が强い人は顽固で喧哗が絶えないことでしょう。过度の自己正当化を行なっていないか注意して行动することが必要でしょうし、自己正当化の力を利用して骗されていないか注意することも必要でしょう。

何かを设计するときも自己正当化の罠に陥らないようにする注意が必要です。一旦设计方针を决めた後でも、问题や改良案がみつかった场合はすぐに方针を変更するべきですが、大きな方针変更は以前の决定の否定になるので自己正当化の圧力と対立してしまいます。

设计の初期段阶でデザインを详细まで决めてしまうと、発想が制限されがちであることが知られていますが、自己正当化による弊害を防ぐためにも、後からの方针変更の余地を残しながら柔软に设计を进めていくとよいのかもしれません。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」