増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第51回 縦书き主义

2011年1月17日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

日本语というシステムは面倒も多いですが、独自のメリットもあると考えられます。

  • 一音ずつ発音を数えやすいので俳句やしりとりのような游びができる
  • 汉字とかなを使い分けられるので速読しやすい

また、これらに加え、

  • 縦にも横にも书くことができる

という特徴は现在の日本语表记システムの大きなメリットだと思います。

縦书きも横书きもできることは情报视覚化において有利です。縦长の领域に文字列を书きたいとき、英语などの场合は90度回転してテキストを书かなければなりませんが、日本语だと縦书きすれば问题ありません。実际、横书きの书籍でも背表纸は縦书きになっています。

下の古い案内地図では、俯瞰された地形図に対して短册型の地名が縦に表示されているため、立体感があり、表示効率の良い视覚化が可能になっていますが、横书きの文字ではこのような表示はできません。


伊势参宫名所図会

多くのテキストを并べて表示したい场合、日本语であれば项目を縦书きできるので、縦にも横にも项目を并べることができます。

縦书き文书

昔の书籍はすべて縦书きでしたし、现在でも理系の书籍を除くとほとんどの书籍や雑志は縦书きです。文库や新书はほとんどすべて縦书きですし、あらゆる漫画は縦书きです。実社会でもテレビでもWebでも、実世界で目にするテキストのほとんどが横书きになっているのに対し、出版系のテキストにおける縦书き比率はかなり特异的といえるでしょう。

このためか日本人の脳には「縦书き = 読书」という印象が形成されているようで、テキストを縦书きにするだけで「书籍感」が强まる気がします。私は普段は横书きしか読み书きしないのですが、小説やビジネス书を読むときは縦书きでないと読んだ気がしないのが不思议です。少なくとも现在の日本で电子书籍を流行させるには、书籍感を出すために、现在の书籍に近い縦书きをサポートすることが必须だと思われます。

シャープは以前から縦书きの电子书籍に积极的で、「XMDF」というフォーマットの标准化を推进しています。シャープは10年以上前から同社のPDAであるZaurus上でXMDF形式の縦书き文书を読むための「ブンコビューア」というソフトを提供し、オンラインストア「Space Town」でコンテンツを贩売しています。また2010年12月に発売された电子书籍端末「GALAPAGOS」では、これらの既存のコンテンツに加え、GALAPAGOS専用に提供される縦书き书籍を読むことができます。

このように一部では縦书き电子书籍が利用されているものの、普及はまだ进んでいませんし、XMDFを利用できる携帯端末は限られています。

海外の电子书籍ではePubというフォーマットがよく利用されています。縦书きに対応するePub规格が近々标准化される见込みではありますが、现在はまだ縦书きに対応していないため、国外の电子书籍制品で縦书きをサポートしているものはありません。

パソコンやPDAのあらゆるブラウザやエディタで横书き文书を利用できることに比べると、縦书き文书の扱いは非常に遅れているといえるでしょう。

縦书きで読むのに适した文章を书いたとしても、テキストを縦书きで読めるソフトを持っている人は少ないので、确実に縦书きで読んでもらうためには、テキストを縦书きレイアウトしたPDFや画像を利用するか、縦书き表示を行なうアプリケーションと一绪に配布する必要があります。

このようなアプリケーションを作成するソフトウェアが贩売されていますが、高価格であったり个人向けに贩売されていなかったりするため手軽に利用することが难しい状况です。

ブラウザ上での縦书き支援

普通のブラウザ上で縦书き文书を表示する「涅盘」というJavaScriptライブラリが縦书き文库で公开されています。涅盘を利用すると、以下のようなHTMLテキストをブラウザ上で縦书き表示することができます。


「涅盘」による縦书き表示


 涅盘というシステムを使うことにより、普通のブラウザで縦书きテキストを表示させることができます。
 电子书籍専用のePubやXMDFのような机能はありませんが、とりあえずテキストを縦书き表示するのに便利です。


涅盘による縦书き表示

ブラウザで縦书きが表示できれば、PhoneGapのようなシステムを利用してこれをiPhoneやAndroidのアプリケーションに変换することが可能であり、电子书籍アプリケーションとして配布することができるはずです。电子书籍アプリケーションを気軽に作成できるシステムが登场するまでは、このような方法を使ってみると良いかもしれません。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

寄稿 - 宋メール连载最终回「Free Won't」

<スマートテレビ>ソニー「BRAVIA」インターネットテレビ筱原凉子テ…

今周の「DesignWorks」ハイライト(6月5日?6月11日)