増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第45回 台所コンピューティング

2010年7月14日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

エクストリーム?アイロンがけ」(Extreme Ironing)というスポーツがあります。高山/极地/空中のような、ありえない场所でアイロンがけをすることを竞うというもので、「アイロニング道」を极めようとする松泽等氏による书籍も出版されています。

エクストリームな环境で计算机を利用する「エクストリーム?コンピューティング」という竞技も可能かもしれません。计算机は実际に様々な环境で利用されるようになってきているので、现在の常识ではエクストリームと思われるような环境でも、将来は计算机がどんどん使われるようになっていくことでしょう。

高山や极地まで行かなくても、计算机にとってエクストリームな环境があらゆる家庭に存在します。家庭の台所は、

  • 水だらけの场所がある
  • 火が燃えている场所がある
  • 氷点下の场所がある
  • 烟や汤気や油にさらされている场所がある
  • 変な虫が活动している场合がある

といった大変な特徴があり、计算机にとっては非常に苛酷な环境になっています。このようなエクストリームな条件のためか、台所で计算机を活用している人は今のところほとんどいないようですが、调理法を调べたり、作业中に音楽を闻いたりニュースを见たりするために、台所に计算机が有るといろいろ便利だろうと思われます。

台所コンピューティング

パソコンが使えない环境で计算机资源を利用するための「実世界インタフェース」の研究が近年盛んになってきていますが、台所や风吕などでも计算机を利用するための研究が长年にわたって行なわれてきています。

TRON电脳住宅

TRONプロジェクトで有名な东大の坂村健氏は1990年ごろに六本木にTRON电脳住宅を建筑し、家庭における计算机利用に関する様々な実证実験を行ないました。Webが発明される以前のプロジェクトだったのでWeb上に资料がほとんど残っていないのが残念ですが、先駆的な有意义なプロジェクトだったことは间违いありません。

2005年の爱知万博开催にあわせて坂村氏はトヨタと梦の住宅PAPIという実験住宅を建筑し、21世纪のIT技术を住宅に适用する例を绍介しました。台所に関しては、RFIDを利用した食材管理システムなどが提案されていました。

AwareHome

アトランタのGeorgia TechのGregory Abowd氏らは、大学构内にAwareHomeという実験住宅を建筑して実世界インタフェースの様々な実験を行なっています。右侧の写真は「Déjà vu Display」というシステムです。キッチンの栅の下のカメラが料理状况をすべて记録しており、料理の途中で邪魔が入ったりして手顺がわからなくなった场合でも、どこまで処理したかを再生して思い出せるようになっています。

Kitchen of the Future

お茶の水女子大学の椎尾一郎氏と、はこだて未来大学の美马のゆり氏は、复数のカメラやディスプレイを装备した「Kitchen of the Future」を开発して様々な実験を行いました。写真のシステムにはカメラとディスプレイが4个设置されており、足元のスイッチを使って料理の写真を撮ったり必要な情报を表示させたりすることができるようになっています。料理中の人は、コンロの前に行ったり水道の前に行ったり结构移动が必要なので、どこに行っても必要な情报を见ることができるようにするためにすべての场所にディスプレイが设置されています。また、このシステムはネットワークで接続されており、远隔地からでも料理の指导ができるようになっています。

AR Kitchen

MITのメディアラボでは、Ted Selker氏のCounter Intelligenceプロジェクトにおいて、Leonardo Bonanni氏らが様々なAR技术を使った拡张キッチンの実験をしています。左侧の写真は冷蔵库やレンジフードの上にプロジェクタから様々な情报が投影された状态で、右侧の写真は水道に仕込まれたLEDによって水の温度が视覚化されているものです。

Panavi

庆应义塾大学の生井みづき氏と瓜生大辅氏は、温度センサを内蔵したフライパンとプロジェクタを利用した料理支援システムPanaviを试作しています。计测されたフライパンの温度が投影されつつ、次の行动が指示されるので、温度调节が难しい料理でもうまく作ることができるようになっています。

なんちゃってサイネージ

どのシステムでも台所での情报提示には苦労しているようです。液晶ディスプレイやプロジェクタを自宅の台所に新たに导入するのは大変ですが、使っていない手持ちのパソコンのディスプレイをそのまま台所でうまく使うことができれば投资や工事を最小にすることができるでしょう。

下の図はネットブックを逆さにして栅に置くことによって简易サイネージ风ディスプレイを実现した例です。WindowsパソコンではCtrl+Alt+矢印キーで画面の向きを変えられるようになっているものがありますが、上下逆に表示したノートパソコンを里返して本棚や戸棚の棚板に设置すると、ただのパソコンを台所で活用できるようになるでしょう。

台所での计算机利用は便利なはずなのに、エクストリームな环境のため普及はまだまだで、炊饭器の制御に使われている程度かもしれません。机器の中でこっそり利用されるだけでなく、调理者が対话的に便利に利用できる台所コンピュータによって、台所での作业がもっと楽しくなってほしいものだと思います。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

批判すまいと思うものの、ここまでひどいと???。

WIRED.jpに寄稿しました。

あまとも通信 - 东芝REGZAブルーレイ「RD-BZ810」が更に値…