増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第41回 変化の认知

2010年3月 8日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

人间は时间的な変化の认知が得意ではありません。変化の可能性に気付かず、一时的な状态のことを定常状态だと勘违いしてしまうことがよくあります。何かが一度うまくいったとき、それが普通だと勘违いしてしまうと「待ちぼうけ」のような失败をしてしまいます。

私は昔たまたま通った交差点で财布を拾って届けたことがあるのですが、偶然のできごとに决まっているにもかかわらず、その交差点を通るたびに财布が落ちてる気がして地面を确认するようになってしまいました。

第一印象が大事だと言われるのは、人间は変化するものだということに気付かないため、最初の印象の状态がずっと持続すると勘违いしてしまうからかもしれません。

旅先の天気が悪かったときは「たまたま天気が悪かった」と考えるべきかもしれませんが、レストランの食事が気にいらなかったときは「今回はたまたま不味かったが普段は违うかも」とは考えないでしょうし、不味いのが定常状态だろうという推论は大抵正しいと思われます。现在の状态が定常的だという推论は妥当であることが多いため、変化に気付きにくいように人间は进化してきたのかもしれません。

変化があることを理解している场合でも変化に気付きにくいことがあります。间隔をはさんで似た画像を交互に表示して违いを発见させたり、一部分の色がゆっくり変化する画像を见せて変化部分を発见させたりする、いわゆる「アハ体験」ゲームが最近よく绍介されています。これは「Change Blindness」と呼ばれる现象で、条件によって人间は大きな変化も见逃してしまうものだということがよくわかります。

下の図はChange Blindnessを体験する简単な例になっています。矩形群のうちひとつだけは徐々に色が変化し、最後に黒枠が表示されるようになっています。色の変化が遅い场合、変化があることを知っていてもなかなか気付かないことがわかるでしょう。(色変化が终了した矩形には黒枠が表示されます。黒枠が表示されている场合はリロードしてみて下さい。)

见ているものの一部がゆっくり変化してもわからないということが交通事故の原因になることもあります。ふたつの车や船などが下図のようにちょうどぶつかる速度で等速移动しているとき、一方から他方は常に同じ角度で见えることになるため、夜间や洋上などで比较対象物が少ない场合、相手が动いていることに気付かずに冲突してしまうことがあります。このような轨迹を「コリジョンコース」といい、これに起因すると思われる事故が数多く报告されています。

コリジョンコース

洋上のコリジョンコースでは相手の船は下図のように见えるはずです。船が移动していくとき、远くの山も相手のヨットも常に同じ方向に见えているわけですから、大きさが少しずつ変化するだけでは相手が动いていることに気付きにくいでしょう。

动きをはっきり认识している场合でも、将来の変化について的确に把握することは难しいものです。実际、谁もが动きを正确に予测できるのであればシューティングゲームはほとんど成立しないでしょう。

mixiに「自分の并んだレジの进みが遅い」というコミュがあったり速いレジを捜す心理术の本があったりするぐらいで、レジが进む速度を见误ってイライラするのは人间の常のようです。レジ行列の动きは遅いので流れの速度を视认しにくいことが原因のひとつですが、処理の速さ(スループット)の见积りが难しいことも大きな理由でしょう。

目に见えるものの速度を比较することが简単な场合でも、処理速度や输送効率に関しては计算が必要で、直感は通用しません。4人乗りのリフトは1人乗りリフトの1/4の速度でも输送効率が同じですが、4倍速の1人乗りリフトは低速の4人乗りリフトより速そうに见えるでしょう。间隔を空けてエスカレータに乗ったり、歩きたがる人に远虑して片侧を空けたりすると、输送効率が悪くなって渋滞の原因になってしまうのですが、エスカレータの动く速さは一定であるせいか、こういった行为に起因する効率の悪化に気付かない人も多いようです。

変化の注意と活用

パソコンが突然壊れて往生するのは、ちゃんと动いているのが定常状态だと勘违いしてしまい、不测の事态への备えが不充分になってしまっているからです。タレブの「ブラックスワン」では、これが「感谢祭前の七面鸟」に例えられています。感谢祭の直前になると、平和に暮らしていた多くの七面鸟を寝耳に水の不幸が袭うことになりますが、定常状态に惯れた人间も同じようなものだというわけです。

変化に気付かない本能を直すのは无理ですが、その欠点に普段から注意しておくことは可能です。ゆっくりした変化に気付かないと致命的になりうることは「ゆでがえる」や「茶色の朝」などの寓话でおなじみです。このような不幸や突発的な事故への対応については常に考えておかなければなりません。

逆に、何かを大きく変えたいときは、あせらずゆっくり変化させていくことが有効そうです。昔はアグレッシブで有名だった会社が、徐々に社风を変えていくことにより「大人の会社」と考えられるようになった例がいくつもあります。何かの舵を大きく変えたい场合、进路変更が目立たない形にしたり、迷彩をちりばめたりすることによって、気付かれずに大きな変化を起こす「コリジョンコース作戦」も考えられます。

駄目なシステムを改良したい场合、すべてをゼロから书き换えたくなるものですが、そうするとかえって状况が悪くなることが多いというのが定説です。地味な改善をゆっくり积み重ねるようにすれば、クレームが出ることなく改善が进み、大きな成功につながる可能性が高いでしょう。人间の能力不足を欠点としてとらえるのではなく、逆に活用することによって満足度を上げる方法を捜すとよさそうです。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

Flickrの写真を整理しています

当ブログのダウンロード数ランキング30

水曜日発売のNewsweek日本版、特集は「サッカー」