増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第34回 Webでお絵描きメモ

2009年8月11日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

テキストエディタや入力システムの进化により、考えた文章をすぐに计算机に入力することができるようになってきたため、手书きのテキストをワープロで清书するという风习はさすがに廃れたようですが、図や絵を含んだメモを计算机上で作成するのはまだあまり简単だとはいえません。

他人に见せる资料を作るために、时间をかけてプレゼンソフトや図形エディタを使って绮丽な図を描くことはよく行なわれていますが、个人的なちょっとしたメモ书きのために図形エディタなどを使おうとすると、以下のような手顺が必要になるので大変面倒です。

  1. 図形エディタを起动する
  2. 描いた図に名前をつけて、エディタ独自の形式で保存する
  3. ワープロ文书に埋め込む场合、ワープロが扱える形式で保存したものを文书中に贴り込む。ブラウザで読めるようにするためには、画像として保存したうえで、HTML文书の中で“”のような记述を行なう

これにはかなり手间がかかるので、図形エディタで描いた絵をテキストと混在させてメモ书きに活用している人は少ないと思われます。

Gyazo

私はパソコン画面上の画像を切り出してWebにアップロードすることができるGyazoというサービスを运営しています。パソコン画面上のデータをWebにアップロードするためには、通常は以下のような操作が必要です。

  • パソコン画面のスクリーンショットを画像ファイルとしてセーブする
  • 画像エディタでそのファイルを开き、必要部分を切り出してセーブする
  • ブラウザで画像アップロードサイトを开き、切り出したファイルの名前を入力してアップロードを行なう

このような操作はなかなか面倒ですが、Gyazoシステムを使うと、以下のような简単な操作をするだけで、デスクトップから切り出した画像をGyazo.comのサーバにアップロードすることができます。

  • Gyazoアプリケーションを起动する
  • デスクトップ画面上の必要部分をマウスで选択する

この操作により、指定された领域の画像が自动的にアップロードされ、ユニークなURLが割り当てられます。Gyazoを使うと最小限の手间で画像をアップロードして共有できるので大変便利ですが、特に画像ファイルに名前をつけてセーブする必要がない点が手軽だといえるでしょう。メモ的に使うような画像の场合、再利用する可能性が低いですし、高品质である必要もありませんから、わざわざ名前や保存场所を考えてセーブしておく価値はほとんどなく、そこそこの品质の画像を気軽に迅速にアップロードできる机能が有益です。

Gyazo画像をメモに活用する

GyazoでWebにアップロードした画像はどこでも使うことができますが、Wikiに贴って使うとさらに手軽です。私は最近、谁でも简単にWikiページを作れるGyazzというサイトの运営を开始しました。Gyazzではhttp://Gyazz.com/Wired/testのようなURLを指定することにより、以下のようなWikiページを作ることができます。

また、このWikiページにはGyazoにアップロードした画像を简単に贴り付けることができます。たとえばWiredVisionのトップページの画像をGyazoで切り出してWebにアップロードした後、その画像をGyazzのページにペーストすることにより、以下のように画像をWikiページで表示することができます。

画像を简単な手间でWikiページに贴り付けることができるのであれば、パソコン上の図形エディタやWeb上のお絵描きサービスを使って絵を描き、それをGyazoで切り取ったものをWikiに贴ることによって、お絵描きメモを简単に编集/公开できることになります。たとえばブラウザ上でお絵描きできるTwitPaintのようなサービスを使えば简単に以下のような絵を描くことができますが、

描いた部分だけをGyazoで切り出して以下のようにWikiページに贴りつけることができます。

必要なWikiページがうまく作成できれば、画像データをセーブせずにTwitPaintを终了しても问题ありません。

なんらかの方法で絵を描く?描いた絵をGyazoでキャプチャしてWikiに贴る」という方法に惯れてしまうと、いちいち図形エディタで描いた図に名前をつけてセーブしていたことが马鹿らしく感じられるようになってきます。一般的なWikiと异なり、Gyazzには「编集ボタン」や「书込みボタン」が存在せず、Webページ上の文章をクリックするだけで文字入力/编集が可能であり、编集结果は自动的にセーブされるので、パソコン上のワープロと同じような感覚で使うことができます。また、文字を入力するのと同じような感覚で写真や図も入力できますから、いちいち図にファイル名をつけてセーブして取り込むという方法は、ワープロ文章を作る前に手书きで文章を书くのと同じぐらいナンセンスだと感じるようになってきました。

テキスト入力手法の进化が头打ちになってきた现在は、画像や手书きメモを活用する方法をもっと追及するべき时代なのかもしれません。楽々ビジュアルなメモをとる方法をさらに追及していきたいと思っています。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

MVからアプリまで! 辻川幸一郎、Merce Deathらが语るsal…

震灾チャリティアルバム「404」が出たので宣伝

结果を出せる人间になるために、たった一つ书き换えたほうがいい信念