増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第33回 电子工作再発见

2009年7月14日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

雑志が売れないという话を最近よく闻きますが、O'reillyのオタク系工作雑志「Make」は好调です。毎年アメリカ各地で开催される「Make Faire」はマニアが集合して大変なことになっていますし、日本で开催されている「Make Tokyo Meeting」も盛り上がっています。电子工作やアマチュア无线は古い理系男子の定番的な趣味のひとつでしたが、パソコン世代の若者の间でも计算机に関连した电子工作が最近また流行しつつあるようです。パソコン本体も周辺机器も标准化が进んでしまった现在、标准からはずれた妙なハードウェアを新しいと感じる若者が多いのかもしれません。电子工作の圣地秋叶原も、萌え系ショップが増えてきたとはいえ、昔ながらのパーツ屋はまだまだ健在ですし、全体的に昔より部品が安くなっている気がします。

Phidgets

Phidgets.comではパソコンにUSB接続できる様々なセンサやアクチュエータを贩売しており、これを使うと第7回の记事で绍介した「気合いブックマーク」のようなシステムを简単に作ることができます。この程度のものであれば「工作」はほとんど必要なく、圧力センサモジュールをUSB経由でパソコンに接続するか、圧力センサ素子をアナログ入力端子に接続するだけで実装することが可能です。现在、様々な种类のセンサやサーボモータがPhidgets.incから贩売されており、Java、Pythonなど様々な言语でプログラミングすることができます。


Phidgetsはパソコン上で手軽に使えるセンサとして大変便利なのですが、センサとパソコンをUSBで接続する必要があるので沢山のセンサをいろいろな场所に置くといった用途には向いていません。またソフトウェア开発环境を别途用意する必要があるのはちょっと面倒です。

Arduino

最近の电子工作界で特に注目されているのが「Arduino」や「GAINER」などの手軽に使えるワンボードマイコンです。ArduinoはAVRというCPUを搭载したワンボードマイコンボードで、Processingと同様のGUI开発环境を利用してパソコン上でプログラミングを行ない、USB経由でボードにプログラムを転送して実行することができます。AVR上にプログラムを书き込んだ後はパソコンが无くてもボード単体で动作しますし、プログラムを书き込んだAVRチップだけ取り外して别のボードで利用することもできます。チップのアナログ入出力端子に接続した各种のセンサを利用できますし、无线通信ボードやイーサネットボードを接続すれば外部と通信することもできますから、いろいろな场所に置いて简単に利用することができます。

The Arduino Diecimila

マイコン电子工作が流行る理由

组み込みマイコンは炊饭器から自动车まであらゆる机器で何十年も利用されていますし、PICやAVRのようなワンチップマイコンも技术者の间では広く利用されています。また、秋叶原の秋月电子通商などではPICやAVRの一般向けキットを长年贩売してきていますが、あくまで専门家やマニアの间で利用されていただけであり、一般の计算机ユーザにはほとんど使われていませんでした。しかし以下のような理由により、マイコンに関する専门知识が足りない人でも简単にこのようなシステムを利用できるようになってきました。

150円のブレッドボード

  • ハードの敷居が下がった
    ArduinoボードはUSBケーブルでパソコンに接続するだけで利用できますから、これだけを使う场合は全く工作の必要がありません。Arduinoボードは3000円程度で贩売されていますし、クローンシステムはさらに安価なので値段の点でも手軽です。Arduinoボードでプログラムを书き込んだ後はCPU単体で动かすことができますが、AVRのCPU単体(Atmega168)は300円、半田付けせずに回路を组めるブレッドボードは150円で购入できますから、このような部品を富豪的に使っていろいろな実験をすることができるでしょう。
    プロトタイプ回路を作るためのブレッドボードは昔は高価なものでしたが、最近は半田付けが必要なユニバーサル基板よりも安いぐらいですから、ブレッドボード配线のまま使い続けても问题がありません。
  • ソフトの敷居が下がった
    Arduinoの场合、ソフトウェア开発に必要なのは无料で利用できるArduino IDEひとつだけで、プログラムの编集/コンパイル/転送などのすべてをひとつの环境で実行することができます。コンパイラ、エディタ、転送プログラムなどを自前で用意することに比べると手軽さが段违いです。
  • ユビキタスコンピューティングへの期待
    ハードやソフトがいくら简単になったとしても使いみちが无ければ流行らないでしょう。ユビキタスコンピューティングの概念が浸透し、また様々な便利なWebサービスが使えるようになったことによって、手軽なハードウェアを利用してWebサービスを活用することのメリットが実感されるようになってきたのだと思われます。
    mixiでは、コーヒーが入ると「萌香たん」がTwitterに投稿して知らせてくれるようになっているそうです。「萌香たん」は、実はコーヒーメーカーのLEDの状态を観测する光センサを接続したAVRマイコンを使ってTwitterに自动投稿するシステムで、简単な电子工作によって実世界とWebサービスをうまく结び付けた好例といえるでしょう。ちょっとしたハードと强力なWebサービスを组み合わせれば、気のきいたサービスを沢山作ることができそうに思われます。

Web上のサービスによってあらゆる情报を検索できるようになったように思われますが、个人的に重要な情报は今のところネットで検索することはできません。「自宅の戸缔まりはきちんとしているか」「冷蔵库にビールが冷えているか」といった大事な情报をGoogleは教えてくれません。しかし、ちょっとした电子工作をすれば、このような情报にアクセスすることができるようになります。ユビキタスコンピューティングの実现には必ずしも大がかりなインフラが必要ではありません。手軽な电子工作による安価なPoor Man's UbiComp(PMUC)から始めてみるのがよさそうです。

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

Meityに新着コメントお知らせ用RSSを用意しました

「新しいPRの教科书(ブライアン?ソリス他)」は、ソーシャルメディアに…

やっぱり鱼眼レンズは楽しい! AT-X 107 DX Fisheye