増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第29回 误魔化す!技术

2009年1月22日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら

「误魔化す」という言叶には悪いイメージがありますが、「情报隠蔽」というと多少闻こえが良くなるかもしれません。森の中に木を隠すという记事で、普通の画像やテキストの中に秘密情报を隠すステガノグラフィーという技术を绍介しましたが、これは内容を误魔化すことにより秘密を守る技术の一例といえるでしょう。

公开情报を隠す!技术

非公开の秘密情报は、普通に暗号化したりステガノグラフィーを利用したりして隠すことができますが、いったん表に出てしまった情报を後から隠すのはなかなか大変です。情报そのものを消すことは不可能ですから、なんらかの方法によってその情报の内容を误魔化す方法が必要になります。

正しい情报と似て非なる情报を大量に提供する狼少年メソッドを使えば、どれが正しい情报なのか判别不能にすることができます。

たとえば、内容に问题があるメールを间违って送ってしまった场合、内容が少しずつ违うメールを大量に送りつければ、どれが最初のメールなのかわからなくなってしまうかもしれません。

また、パスワードを漏泄してしまった场合は、异なるパスワードを同じように漏泄させてしまえば、悪用される危険が减るかもしれません。

文字を隠したいときは别の文字を上书きするのが効果的です。左の「増井」のような文字を手っ取り早く隠したい场合、斜线を引いたりするよりも、右のように别の文字を上书きする方が読みにくくなります。

文具用品のプラスステーショナリー株式会社は、叶书などに印刷された住所や名前のような个人情报を読めなくするためのケシポンというスタンプを贩売しています。ケシポンは下のようなパタンをもつスタンプです。

左のような文字の上にケシポンを押すと右のようになり、确かに文字がかなり読みにくくなることがわかります。

一方、前述の「増井」という文字の上にケシポンを押した场合は下図のようになりますが、この场合は目を细めると読めてしまうようです。大きさや字体が隠したい文字に似ているものを选ぶ必要があるようです。

忘れる!技术

世に出た情报はこのような搅乱戦术で误魔化せることもありますが、自分の头の中の情报を消すには忘れる!技术が必要です。

情报を整理したり记忆したりする方法に関しては沢山のライフハック技法が提案されていますし、计算机を利用すれば无限に情报を记忆することができますが、不要な情报を头の中から消すにはどうすればよいのでしょうか。私の场合、嫌な记忆を忘れるために以下のようなことを実践しています。

  • 嫌なことを思い出しそうになったら即座に别のことを考える
  • 後で読んだとき嫌な気分になりそうな情报は记録に残さない

幸い私は忘却力にはかなり自信があり、放っておけば大事なことでもすぐに忘れてしまいますから、これらについて気をつけるだけで嫌な记忆に悩むことはほとんどありません。私ほど忘却力を持たない人でも、努力によって何かを忘れることは可能だと思います。

各种の误魔化す!技术を活用することにより、困った情报も嫌な记忆もクリアして、悩みのない生活を送りたいものです。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」