増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第14回 缲り返しの効用

2007年11月16日

(これまでの増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」はこちら)

计算机を使うと様々な缲り返し计算を自动化できるはずですが、计算机に缲り返し操作を强要されることもあります。

メールテキストを引用するとき
引用记号を先头につけるのが
惯习ですが、
手作业で引用记号をつけるのは
面倒なものです。

たとえば上のようなテキストを下のように変换する场合、「行头に“# ”を挿入して次の行に移动する」という操作を5回缲り返さなければなりません。

# メールテキストを引用するとき
# 引用记号を先头につけるのが
# 惯习ですが、
# 手作业で引用记号をつけるのは
# 面倒なものです。

5行程度なら良いのですが、百行も千行も同じ操作を缲り返すのは我慢できないでしょう。

■缲り返し操作の検出と自动実行

ユーザが同じ操作を缲り返しているとき、システムがそれを自动的に検出して残りの作业を自动的に実行してくれると便利でしょう。下図はAppleにいたAllen Cypher氏が1990年ごろ开発したEagerというシステムで、ユーザがHyperCard上で同じような処理を缲り返したとき、それを検出して自动実行を助けてくれるというものです。ユーザが同じような操作を缲り返すと、画面に「猫」が出现してユーザの次の操作を予测して表示します。正しく予测してくれているようだと感じられれば、ユーザは猫に頼んで残りの処理を自动実行してもらうことができます。この例では、“1. ”, “2. ”をユーザが入力しているので、猫は次に“3. ”が入力されるだろうという予测を行なっています。

Eager.gif

猫は普段は隠れているのですが、缲り返し操作を行なったとき突然猫が出现すると惊いてしまいますし、常に正しい予测を行なってくれるわけではないせいか、Eagerは结局ほとんど流行しませんでした。

一方、高度な予测を行なうのはあきらめて、完全にユーザ主导で単纯な缲り返し処理を自动実行させるようにすればうまくいきます。このような方针でDynamic Macroというシステムを作りました。

メールテキストを引用するとき
引用记号を先头につけるのが
惯习ですが、
手作业で引用记号をつけるのは
面倒なものです。

このテキストに引用符をつけたいとき、まず以下のように最初の2行だけに引用符を付加します。

# メールテキストを引用するとき
# 引用记号を先头につけるのが
惯习ですが、
手作业で引用记号をつけるのは
面倒なものです。

ここでユーザが「缲り返しキー」を押すと、Dynamic Macroはユーザの操作履歴を调べて缲り返しを検出し、「行头に“# ”を挿入して次の行に移动する」という操作をマクロとして登録して実行します。この结果テキストは以下のようになります。

# メールテキストを引用するとき
# 引用记号を先头につけるのが
# 惯习ですが、
手作业で引用记号をつけるのは
面倒なものです。

缲り返しキーを连打すると、キー入力のたびにマクロが実行され、テキストは以下のように変化します。

# メールテキストを引用するとき
# 引用记号を先头につけるのが
# 惯习ですが、
# 手作业で引用记号をつけるのは
# 面倒なものです。

Dynamic Macroの场合、连打が必要ではありますが、ユーザが惊くことはありませんし、予测を间违う可能性は低いので、かなり実用的に利用することができます。

Cyper氏は最近はIBMでFirefoxの操作を自动化する研究を行なっているようですが、Webの上で様々な缲り返し操作が自动化できると嬉しいことは多そうです。

■缲り返しの予测とデータ圧缩

データが片寄っている场合や、データ中に同じ内容が缲り返し出现する场合は、データを圧缩することが可能です。人间が扱う大抵のデータはこのような性质を持っているので、これをうまく抽出することにより効率的なデータ圧缩ができます。逆に、効率的なデータ圧缩プログラムはデータの片寄りや缲り返しをうまく検出するのが得意だということになります。このようなアルゴリズムを利用すると、ゲームで相手の手を予测できる可能性があります。

効率的なデータ圧缩を行なうアルゴリズムとしてPPM (Prediction by Partial Matching)法というものがあります。PPM法では、データの中の文字列出现频度を计算することによって次の文字の予测を行ないます。たとえば「abracadab」というデータの次にどの文字が来るか予测する场合、

  1. 「a」は4回、「b」は2回出现している
  2. 「b」の後に「r」が続いたことがある
  3. 「ab」の後に「r」が続いたことがある
  4. ...

といった情报を累积して确率を推定します。この场合、 (3)から考えると次の文字は「r」である确率が高いと思われますが、(1)も考虑すると「a」の确率もある、という风に计算を行ないます。

この原理を使ってじゃんけんゲームを作ってみました。长く胜负すると必ず负けてしまうので、确かに効果的な予测が行なわれていることがわかります。

人间の行动や人间が目にするものは缲り返しで満ちています。毎日同じような行动をしていると、今日の行动记録は「昨日と同じ」のように圧缩可能になってしまうので、歳をとるとだんだん时间がたつのが速く感じられてしまうのでしょう。缲り返しの少ない/圧缩しにくい人生を送るために、无駄な缲り返しを自动化するツールを活用しましょう。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

Instagramで、覚えておくとちょっと気分が良い小技

iPhone 4ホワイトモデルの売り上げが絶好调!5周连続贩売ランキン…

米Microsoft Bing ソーシャルスパム "Like Farm…