増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

「界面」=「インタフェース」。ユーザインタフェース研究の第一人者が、ユビキタス社会やインターフェース技术の动向を読み解く。

第2回 自分コンテンツの楽しみ

2007年7月 6日

Webブラウジングとかネットサーフィンとかいうのは他人のコンテンツを见るから楽しいものであって、よほどのナルシストでもないかぎり、自分の书いた文章や自分が撮った写真だけ见て楽しんでいる人はあまりいないと思われます。一方、自分が撮った写真でも、昔の写真を久しぶりに见るのは楽しいものですし、书いたことを忘れてしまったメールを何かの拍子に见つけてなつかしく思うこともあります。忘れかけた様々な思い出を拾い出してまとめて表示したり、コメントをつけて编集したりできるようにすると、自分コンテンツを意外なほど楽しむことができるようになります。

写真の整理

自分の写真を整理するとき、マメな人なら内容や时间をもとにして「2002/5/3 BBQ」とか「白驹池ハイキング」とかいう名前で管理している人は多いでしょう。「2002/5/3 BBQ」を书いてある写真は确かに2002年5月3日のバーベキューの写真でしょうし、「白驹池ハイキング」と书いてある写真は确かに白驹池でのハイキングの写真に违いありませんが、これだと当たり前すぎて面白くありませんし、このようなキーワードだけでは検索に役立つとはいえません。

バーベキューをした场所やメンバについては忘れにくいものですが、バーベキューの日付や年度をずっと覚えているものではありません。あらゆる写真に対して完璧に日付/人间/场所などのタグをつけておけば大丈夫ですから、写真をタグで管理するシステムがいろいろ提案されていますが、毎日沢山撮る写真に対してそんな面倒なことを行なうのはほとんど不可能です。

FlickrPicasa Webのような写真共有サービスではアップロードした写真にタグや位置などを登録できるようになっていますが、毎日撮る写真をこまめにアップロードしてタグをつけたり位置を登録したりするのは大変な手间ですし、それですごく便利なことがあるわけではありませんから、长続きするとは思われません。

自分写真ナビゲーション

私は数万枚のデジカメ写真を持っていますが、あまり手间をかけずにこれらを自分コンテンツとして楽しむことができるシステムを作って利用しています。下の図は、10年分のデジカメ写真のうち「自転车」というタグがついているものを并べたものです。意図したわけではないのですが、子供の自転车の上达过程を见て楽しむことができました。


jitensha.png


 右上の写真は夕方の海岸のようですが、日付をクリックしてみると下図のようにこの日付の写真を见ることができます。


zaimokuza.png


 この中に「夕日」というタグがついた写真があるのでこれをクリックすると、今度は下図のように「夕日」というタグがついた写真をリストすることができます。


yuuhi.png


 あちこちで夕日の写真を撮影しているようですが、富士山が写っているものがあるので「富士山」をクリックすると、富士山の写真をリストすることができます。


fujisan.png


 鎌仓方面から撮った写真が多いようですが、それ以外の场所で撮った写真も含まれています。この写真をクリックすると下図のような编集画面になりますが、どうやら东名高速のサービスエリアで撮った富士山の写真だということがわかります。


fujisanedit.png


 写真编集画面では、タグと一绪に地図が表示されるようになっており、地図をドラッグするとすぐにその位置が登録されるようになっています。并んで表示された写真と地図が一致しないととても気持ちが悪いため手间をかけても修正したいという気持ちになりますし、ドラッグするだけで修正できるようになっているので、あまり意気込むことなく正しい位置を写真に登録することができます。あらゆる写真について地図を登録するのは大変ですが、位置が登録されてない写真については直前に撮った写真と同じ场所だと判断するようになっているので、同じ场所で撮った写真については位置登録は一度だけですむようになっています。

こうして登録された纬度経度をクリックすると、下図のように、この位置に近い写真が表示されるので、箱根などで撮ったいろいろな写真を楽しむことができます。


fujisanneighbor.png


 このように、写真に位置やタグを登録することによって、沢山の写真のリンクをたどりながら思い出を楽しむことができることがわかります。自転车が写っているあらゆる写真に「自転车」というタグがついているわけではありませんし、自転车というタグをつけることによって成长记録を楽しもうと意図したわけでもないのに、结果的に楽しく自分の写真をブラウジングできることが面白いといえるでしょう。写真のタグづけといえば面倒な割に検索の役にたたないという印象があるかもしれませんが、リンクをたどってブラウジングするにはとても有益です。

自転车が写っているすべての写真に「自転车」というタグがついていると、これで検索したときあまりにも沢山の写真がマッチしてしまうのでかえって困ったことになります。かえってマメにタグをつけない方が、今回の例のようにうまくいくことが多いようです。

自分コンテンツのナビゲーション

自分コンテンツは写真だけには限りません。文书でもメールでも、自分に関系したあらゆるデータは、リンクをナビゲーションして楽しむためのコンテンツになり得ます。怒りのメモやメールすべてに「激怒」というタグがついてたら激怒の歴史をふりかえることができるでしょうし、もっと有益なリンクを楽しむこともできるでしょう。

タグなどを利用したリンクは、ブラウジングするのが楽しくなるだけでなく、もちろん実际の検索にも有益です。たとえばイギリスの学会で会った谁かの情报を思い出したいときは、イギリスの纬度経度をもとにしてイギリスの写真を捜せば日付が判明しますから、その付近のメモやメールなどから简単に情报をみつけることができるでしょう。こういう情报はいくらググっても出ないことは确実ですが、自分のリンクを活用すれば简単にみつけることができます。

タグやリンクはいくらでも増やしていくことができますし、増やせば増やすほどリンクをたどる楽しみも増えますから、自分コンテンツの整备は老後の楽しみにぴったりといえるかもしれません。

また自分コンテンツは、自分で楽しむだけでなく、人に自慢するのにも便利です。世间で流行している趣味の多くは自慢力が重要です。たとえば楽器の演奏はそれ自体楽しいものですが、人前で披露できればさらに楽しいでしょう。车の运転はそれ自体楽しいものですが、ウデを披露できればさらに楽しいでしょう。ひとりで上手に楽器を演奏するのは大変ですが、良い素材を使えばかなり楽をすることができます。生け花や写真やカラオケのような趣味は、既存のすぐれた素材に少しだけ自前の工夫を加えて作品にすることができるので万人向けの趣味となっているのだと思われます。写真はそれだけで自慢の対象になりますが、ちょっとした手间を加えて格好良いスライドショーにして公开するとさらに自慢力が満たされますから、これからの趣味として非常に期待できると思われます。自分コンテンツの公开で自慢力が発挥できるのであれば、自分コンテンツの楽しみはますます増えていくことでしょう。

自慢力の活用については次回考えてみたいと思います。

フィードを登録する

前の记事

次の记事

増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」

プロフィール

1959年生まれ。ユーザインタフェース研究。POBox、QuickML、本棚.orgなどのシステムを开発。ソニーコンピュータサイエンス研究所、産业技术総合研究所、Apple Inc.など勤务を経て现在庆应义塾大学教授。着书に『インターフェイスの街角』などがある。

过去の记事

月间アーカイブ

ブログ一覧

  • Autopia
  • Compiler
  • Cut up Mac
  • Danger Room
  • Epicenter
  • from Wired Blogs
  • Gadget Lab
  • Intel International Science and Engineering Fair (Intel ISEF)
  • IPTVビジネスはどのようにデザインされるか
  • Listening Post
  • Web2.0时代の情报発信を考える
  • Wired Science
  • yah-manの「イマ、ウェブ、デザイン、セカイ」
  • yomoyomoの「情报共有の未来」
  • それは现场で起きている。
  • ガリレオの「Wired翻訳里话」
  • サービス工学で未来を创る
  • デザイン?テクノロジーによるサステナビリティの実现
  • デザイン?ビジュアライゼーションが変えるマーケティング?ワークフロー
  • マイケル?カネロスの「海外グリーンテック事情」
  • 佐々木俊尚の「ウィキノミクスモデルを追う」
  • 佐々木俊尚の「电脳ダイバーシティ」
  • 合原亮一の「科学と技术の将来展望」
  • 合原亮一の「电脳自然生活」
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之×LogMeIn
  • 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之の「界面潮流」
  • 大谷和利の「General Gadgets」
  • 小山敦史の「食と人のチカラ」
  • 小岛寛之の「环境と経済と幸福の関系」
  • 小田中直树の「バック?トゥ?ザ?フューチャー」
  • 小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
  • 山路达也の「エコ技术研究者に讯く」
  • 後藤和贵の「ウェブモンキーウォッチ」
  • 携帯大学 web分校
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论II」
  • 木暮佑一の「ケータイ开国论」
  • 松浦晋也の「モビリティ?ビジョン」
  • 歌田明弘の「ネットと広告経済の行方」
  • 清田辰明の「Weekly image from flickr」
  • 渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」
  • 滨野智史の「情报环境研究ノート」
  • 白田秀彰の「现実デバッグ」
  • 白田秀彰の「网言録」
  • 石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」
  • 竹田茂の「构成的アプローチ」
  • 织田浩一の「ソーシャルメディアと広告テクノロジー」
  • 荒川曜子の「それはWeb调査から始まった」
  • 藤井敏彦の「CSRの本质」
  • 藤仓良の「冷静に考える环境问题」
  • 藤元健太郎の「フロントライン?ビズ」
  • 藤田郁雄の「サバイバル?インベストメント」
  • 西堀弥恵の「テクノロジーがもたらす快适な暮らし」
  • 関裕司の「サーチ?リテラシー」
  • 饭田泰之の「ソーシャル?サイエンス?ハック!」
  • 高森郁哉の「ArtとTechの明日が见たい」

Agile Media Network clipping

02月24日 今日のWEB担当者向けニュース拾い読み

GNPでもGNHでもなく“GAH”。荒川区民の幸福度を図る指标、「グロ…

プログラマ采用にあたり事前にコーディング技术を评価するCodeEval…