ソフト开発のLifeHack

生活や仕事を便利にするための様々な工夫がLifeHackと呼ばれて注目されるようになってきました。 いまやソフトウェア开発において必须といえるネットを活用した LifeHackの工夫を绍介します。


最近は、 何かを始めようとするときはとりあえずググるのが鉄则ですし、 マニュアルもコードサンプルもネット上のものを使うのが普通です。 作成したコードやドキュメントの保存、情报交换などもすべてネット上で行なわれていますし、 プログラムの编集もコンパイルもネット上で行なうようになるのかもしれません。 このような现状ですから、情报の编集や共有のようなLifeHackもすべてネット上で 行なうのが理にかなっているでしょう。 各种のサービスやAjax手法により、简単に様々なLifeHackを工夫することができます。

サーバとブラウザの用意

ネットを最大限に活用するにはサーバを自前で持ちたいものです。 自由な设定が可能なサーバを用意したうえで様々な细工をしましょう。 Webサーバ, メールサーバ, データベース, Railsなどを用意して、 メールやWikiを自由に利用できるようにします。
サーバには主にブラウザでアクセスするのが便利です。 Javascriptが利用できれば特殊なブラウザは必要ありませんが、 各种のOSで利用が可能で、Greasemonkeyが使えるFirefoxの利用が便利です。

RSSリーダ

ソフト开発に関する新しい情报は个人ブログに书かれることが多いですし、 ITMediaのような情报サイトもRSSを配信していますから、 RSSリーダは最大限に活用するべきです。 ネット上の各种のRSSリーダサービスを利用することもできますが、 自前のサーバ上に设置しておくと便利です。 私はfreshreader(*1)というRSSリーダをサーバに设置しています。
(*1) http://www.freshreader.com

情报の记録

ネットで発见した有用な情报は、ローカルファイルやブラウザのブックマークなどに保存するのではなく、 ネット上に保存しておくと便利です。 最近はソーシャルブックマークシステムがよく使われますが、 Plaggerを使って情报をGMailに転送し、GMail上で検索や整理を行なうという大技(*2)も あるようです。
(*2) http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000870

见たページを记録するためにはブックマークレットを利用するのが简単ですが、 登録をつい忘れてしまうこともありますから、 见たページはとりあえず全て记録しておくとよいでしょう。 全部のページを记録するとデータが大量になるのが心配ですが、 実际には1日に1000ページ以上アクセスすることはまずありえないので 気にせず全部记録してしまいましょう。

Firefoxの场合、以下のようなGreasemonkeyスクリプトを登録しておけば 新しいページを开くたびに记録することができますし、IEの场合は ブラウザで眺めてるURLを记録し続けるアプリ(*3) を利用するとよいでしょう。
(*3) http://www.hirax.net/diaryweb/2005/11/05.html#200511051

GM_xmlhttpRequest({
 method: 'GET',
 url: 'http://example.com/urllog.cgi' +
  '?url=' + encodeURIComponent(location.href) +
  '&title=' + encodeURIComponent(document.title)
}); 

情报の共有

重要な技术であっても、何故かなかなかネット情报がみつからないこともあります。 このような场合、苦労して集めた情报をきちんと编集して公开するのが最も亲切だといえますが、 タグをつけてソーシャルブックマークに登録するだけでも充分意义はあります。 谁か别の人が情报をまとめてくれるかもしれません。

记録した情报へのアクセス

タグの利用などにより、记録した情报に再度简単にアクセスすることができますが、 よく利用する情报に関してはショートカット的なものを定义すると便利です。 ショートカットもネット上に登録したいので、 长いURLを短いURLに変换してくれるシステムを利用するとよいでしょう(*4)。 私の场合、 http://pitecan.com/wdbのような短いURLを指定して WEB+DB PRESSのページに飞べるようにしています。
(*4) http://pitecan.com/UnixMagazine/PDF/if0406.pdf

情报の编集

URLやメモなどの情报が集まってくると、リンク集のような编集を行ないたくなります。 Web上の情报编集にはWikiがよく利用されていますが、 普通のWikiは编集机能が贫弱なので不便です。 私は、编集モードに移行せずに情报を编集したり、 直接アウトライン编集を行なったりできるWiki を作って利用しています(*5)。

(*5) http://pitecan.com/UnixMagazine/PDF/if0510.pdf

関连情报のリンクの利用

情报にタグが定义されていれば、「タグつながり」で関连情报をたどって検索することが可能になります。 AというシステムがLというライブラリを利用しており、 BというシステムもLを利用している场合、 「L」というタグを介してAとBの関连を知ることができます。 普通のWikiやソーシャルブックマークシステムでは Aを参照したときBの情报を直接见ることができませんが、 もうひとつ先の情报まで表示するようなWikiを利用すれば 兄弟的な関系をもつ情报にすぐアクセスすることができるようになります。

下図は「PlotKit」というJavaScriptの描画ライブラリに関する情报を Wikiで编集しているところです。 PlotKitはSVGやJavaScriptに直接関系しているためこれらをタグとして登録していますが、 SVGやJavaScriptに関系した别のページが下部に表示されています。 このようにリンク先のリンク先も常に表示するようにしておくと、 関连情报をたどって検索する手间を省くことができます。

オフライン情报のマージ

オンラインでネット上の情报编集を行なうことができない场合や、 各种のマシンから情报追加を行ないたい场合、 ローカルマシン上で独自に编集/作成した情报をサーバ上に适宜転送して サーバ上でマージするようにすれば情报の一贯性を保つことができます。 たとえばいろいろな场所で日记を书く场合、 作成时刻をファイル名としてデータを作成し、 ネットワークに接続されたときにcvsやSubversionでcommitするようにすれば、 すべての日记をまとめて管理することが可能になります。 バージョン管理システムが使えないPDAなどを利用する场合でも、 毎回异なる名前のファイルを作って サーバ上でデータを统合するようにしておけば同様の処理が可能です。

実世界情报の利用

纸に书いたメモや実世界の情报は、 スキャナやデジカメで画像化したうえで Wikiページに贴り付けておくと便利です。 Wikiページのタグを利用して、 情报を整理したり検索したりすることができます。


问题を解决するのに最も効率が良い方法は「人に闻く」ことです。 现在のソーシャルネットワークやメーリングリストシステムは情报の検索や共有に最适とはいえませんし、 现在流行しているソーシャルブックマークシステムは人の交流を充分サポートしているとはいえません。 様々なLifeHackを駆使しつつ、 人间の交流と情报の交换を両方うまくサポートする优れたシステムの出现を期待したいものです。

亚博—亚洲的中文娱乐平台,yabo体育手机app,亚博s8lol总决赛投注