界面骇客日记(36) - Emotionの时代 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


ユーザインタフェース界の大物であるDon Norman氏と、 人工知能界の大物であるMarvin Minsky氏が 最近続けて来日したので讲演を闻いてきました。 両者はそれぞれの世界で有名だという以外に共通点はないのですが、 Minsky氏は现在「Emotion Machine」という本を执笔中であり、 Norman氏は「Emotional Design」という本を执笔中だということで、 时同じくして「Emotion」というタイトルの本を书いているということが 面白く感じられました。

Donald Norman

Donald Norman氏は 「谁のためのデザイン?」[*1] 「テクノロジー?ウォッチング」 「人を贤くする道具」 「パソコンを隠せ、アナログ発想でいこう」 など、ユーザビリティに関する数々の啓蒙的な书籍で有名な人物です。 Norman氏はいろいろな大学の教授や学部长をつとめた後、 AppleやHewlett Packardなどの勤务を経て、 现在は、3月号で绍介したJacob Nielsen氏と共同で Nielsen-Norman Group[*2]というコンサルティング会社を経営しています。 また、现在「Emotional Design」という本を执笔中で、来年1月に出版予定だということです。

氏の着书の中でも特に「谁のためのデザイン?」は、 原题の「Psychology of Everyday Things」を略して「POET本」と呼ばれて亲しまれており、 制品の使いやすさ向上に関连する人にはバイブルのような存在となっています。 昔も今も巷には使いにくい机械があふれています。 机械をちゃんと使えないのは使う人间が马鹿だとか努力が足りないとか思われたり、 规格にあわないことはやってはいけないと思われたりする时代がありましたし、 现在もそういう倾向がなきにしもあらずですが、 そのような机械中心的な考えは全く误っており、 あらゆる机器は人间の心理を理解することにより使いやすくすることができるということを 多くの逸话や実例で説得力をもって説明したことにより、 私を含め沢山の人の目の鳞を落とすのに贡献しました。 他の着书も含め、 ユーザインターフェースにたずさわる人にとって氏の着书はすべて 大きな価値を持っています。

Norman氏は前述のような书籍において、 「使いやすさとは何か」「使いやすさを向上させるにはどうすればいいか」について 深く追及していたのですが、 氏の新しい着书の内容にかかわる今回の讲演では 「使いやすさばかりを追及していたのは间违いであった」という 転向宣言のような话が述べられたのには少し惊きました。 Norman氏によれば、制品デザインにおいて最も重要なものは「Emotion」(情动)であり、 これは氏の新理论によれば、 明るさを感じたり高い场所は怖いと思ったりする「生得的/生理的なレベル」? 熟练や使いやすさが问题になる「行动的なレベル」? もっと高度な「意识のレベル」の 3阶层に分けることができるのだそうです。 Norman氏が従来主张していたのはもっぱら第二のレベルだったわけですが、 このレベルもさることながら 第三の「意识のレベル」が実は重要なのだということを今回は强调していました。


アレッシのレモン绞り: Norman氏が买った高级版には 「サビるからレモンはあまり绞らないように」という注意が书かれていたらしい.

昔のジャガーの车は决して使いやすいという性格のものではないのに デザインが素晴らしいためマニアが沢山いるとか、 イタリアのアレッシの调理器具は 実际にはほとんど使いものにならないこともあるが デザインが多くの人に爱されているとかいったように、 人间が喜んで制品を买うのは使いやすさのせいばかりではなく、 その制品を心から欲しいと思うからであり、 このようなレベルでユーザが欲しいと思うということが大事であるのだそうです。 彼はいくつかポットを持っているが、 普段使っている使いやすいポットと一番気にいっているポットは违うのだと いうことでした。

今回の讲演の参加者はユーザビリティ関连の仕事をしている人が多かったようですが、 使いやすさは制品のよしあしに実はあまり関系无いのだと言いだしたのに 唖然としていた人もいたかもしれません。 ユーザに爱されるのが良い制品なのだという主张は、 「适者生存」のような言叶と同じように、同语反复に近いものがあります。 ユーザが喜ぶ制品を作りたいと思うのは谁でも同じですが、 その方法がわからないから科学的なアプローチを模索していたのに、 结局デザインセンスが大事なんだみたいな话になってしまうのでは、 使いやすさの评価などに苦労していた甲斐がありません。 しかしユーザビリティの大御所が最後に行きついた结论がこういうものだということが 重要なことなのかもしれません。

Marvin Minsky


FIT2003でのMinsky氏の讲演

1960年代初头に人工知能研究を立ち上げ、人工知能の父と呼ばれることもある大御所Marvin Minsky氏は、 札幌で开催されたFIT全国大会(情报処理学会と电子情报通信学会の连合大会)で讲演を行ない、 これまでの人工知能研究や氏の最近の研究に関して热弁をふるいました。 Minsky氏は长い间MIT(Massachusetts Institute of Technology)の人工知能研究所の所长をつとめていましたが、 现在は同じMITのメディアラボの教授になっています。 これからの高齢化社会では、少数の若者が多数の老人をサポートしなければならなくなり、 ロボットにいろんなことを手伝ってもらわなければならないにもかかわらず、 现在のロボットではまったく不充分で、 もっと常识を身につけたロボットを作らなければならないのだ!と意気轩昂なところを见せていました。 文章を本当に理解するプログラムが昔も今も実现できていないのは、 人间なら普通に持ってるような常识が欠如しているからであり、 常识を理解する计算机が一番大事なのだそうです。

ひと昔前に比べると最近は人工知能に関する话题を闻くことが少なくなっています。 以前は人工知能の基础研究を行なっていた人达も、 最近はWebへの応用など実用的な研究に方向を変えた人も多いようです。 Minsky氏によれば、 1980年代までは大きな注目を集めていた人工知能研究が90年代以降人気がなくなったのは、 いろんな手法を発案した人が自分の手法の良さを宣伝するあまり欠点には目をつぶって 大口を叩きすぎたのが原因だということなのだそうです。 ニューラルネットも/遗伝的アルゴリズムも/论理ベースシステムも/その他诸々のシステムも、 不得手な领域に関しては押し黙っていたといって、 これまでの様々なアプローチを顺番にボロカスにきって舍てていきました。 MITの人工知能研究所の现所长であるRodney Brooks氏が提唱する 「Subsumption Architecture」について 「ただの优先度つき割込みと一绪じゃないか」と切って舍ててみたり、 人间の意识の问题が非常に难しそうに见えるのは 「いろんなものをいっしょくたにしておきながらあたかもひとつの実体があるように言うからだ」と 意识研究界の沸腾ぶりを批判してみたり、 「左脳と右脳の违いなんてのは経営者がふたりいる会社みたいなもので、 成长の速度が违うせいで右脳がちょっと子供っぽいまま残っているだけなんだ」と妙な断言をしてみたり、 正しいのかどうかはわかりませんが 世の中のいろいろな难问を一刀両断していく讲演は耳に心地良いものでした。 オヤジの愚痴みたいだと思った人もいたかもしれませんが。

他人のシステムをボロカスに言いつつ新しい理论を提唱するという芸风なのかもしれないMinsky氏が 最近自分では何をしているかというと、 流行にとらわれずこつこつと常识データベースを蓄えていくのが正しいアプローチだと考えているようです。 人工知能の実现に常识データベースを使うという考え方はこれまで无かったわけではなく、 1980年代からCyc(サイク)という大きなプロジェクトが発足して现在でも続いていますが、 Cycは常识の表现に论理を使おうとしているからうまくいかないということで、 メディアラボでは 「Open Mind Common Sense」(OMCS)というプロジェクトを开始しています[*3]。 OMCSでは漠然とした知识をとにかく膨大に溜め込もうとしており、 「人は自分の母亲より若い」 「棒があれば何かをつっつくことができる」 「1周间は1秒より长い」 のようなデータをどんどん追加していくことができるようになっています。 メモリもディスクもふんだんに使える时代には このような「富豪的アプローチ」は正しいような気もしますが、 本当にこのようになんでもかんでも书いていって大丈夫なのかいなという心配はあります。 今後このデータがどのように利用されていくのか兴味深いところです。

Minsky氏が执笔中の「Emotion Machine」という本では新しい知能のモデルを提唱しています。 详しい内容は讲演ではよくわかりませんでしたが、 本の中身は执笔中にもかかわらずWebで公开されています[*4]。 MITは最近あらゆる讲义资料や讲义録をインターネットで公开しており、 これはノーベル赏级の伟业であると高い评価を受けていますが、 発売前に书籍を公开するのもこういう一贯なのかもしれません。

MIT Watch

Emotionに目覚めたNorman氏はMITメディアラボの石井裕教授の「Tangible Bits」と呼ばれる一连の作品を大変気にいっているようで、 讲演中で石井氏の「Ping Pong Plus」(センサを备えた卓球台にプロジェクタで画像を投影することにより プレー状态に応じて様々な面白い効果が表示されるもの)などの作品を绍介していました。 こういう作品が気にいっている理由を闻いてみると、 石井氏は工学の领域から脱出し、 定量的评価のような科学的アプローチが必要とされない アートの领域に転身して成功しているからだということでした。 工学的センスのあるメディアアーティストは沢山いますが、 アートに転身して成功した学者はこれまであまりいないようですから、 常识をやぶるべく顽张っていただきたいものです。 一方、 IBM时代にトラックポイントを开発したことで知られる、 メディアラボの「発明おじさん」Ted Selkerについては 「ただのハッカーじゃん」と、あまり评価が高くありませんでした。 石井氏の研究室を访问したときは格好良いデモを沢山见せてもらって感心したそうですが、 Selker氏の研究室はワイヤだらけでゴチャゴチャしていて感心できなかったというのも理由のひとつのようでした。 「デモか死か」というキャッチフレーズで知られたメディアラボでは 常に格好良いデモが期待される宿命なのかもしれません。

Minsky氏は以前はMITの人工知能ラボの所长でしたが、 现在はメディアラボの教授という肩书きになっており、 メディアラボのSelker氏やHenry Lieberman氏のようなハッカー人脉と组んで OMCSプロジェクトをやっているようです。 Minsky氏は人工知能界の大御所ではありますが、 実はハッカー魂旺盛な人物のようで、 昔のCommunications of the ACM志 に掲载されたTed Selkser氏の「Minsky家访问记」によれば、 Minsky家はオモチャの山で流石のSelker氏も惊叹したのだそうでした。 私が昨年メディアラボのTed Selker氏を访问したときは Selker氏の部屋がオモチャの山で惊叹したものですが、上には上があるようです。 界面骇客としては、 メディアアートの动向やデザインセンスが重要だということは重々认识しつつも、 ゴチャゴチャした研究所でわけのわからないオモチャを量産する マッドサイエンティスト的ハッカー军団の底力に期待したいと思っています。


WebはハッカーのTim Barners LeeやMarc Andresenらの発明により世间に広まりましたが、 现在はハッカー的底力とデザインパワーがからみあって 魅力的なインターネット世界ができあがっています。 いろんな分野の才能がEmotionalに融合して 新しく面白いEmotionalなシステムが登场してきてほしいものだと思います。
  1. D.A. ノーマン. 谁のためのデザイン? - 认知科学者のデザイン原论. 新曜社认知科学选书, 野岛久雄訳.
  2. Nielsen Norman Group
    http://www.nngroup.com/
  3. Open Mind Common Sense
    http://commonsense.media.mit.edu/
  4. The Emotion Machine
    http://web.media.mit.edu/~minsky/E1/eb1.html

Toshiyuki Masui