界面骇客日记(13) - 続々: モバイル入力手法戦国时代 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


1月号と4月号で各种の携帯端末向け入力手法を绍介しましたが、 その後も続々と新しい入力手法が提案され、 新しい手法を采用した制品も各种発売されています。 最近开発されたり発売されたりした入力手法をいくつか绍介します。

NEOPAD


NEOPAD[1]は韩国で开発された文字入力手法で、 1月号で绍介したOctaveと同様に、 片仮名やアルファベットの字形をもとにして文字を入力するものです。 アルファベット用のNEOPADは 上図左侧のような「|」「?」「?」などの字形を使用し、 片仮名用のNEOPADでは右侧の図のような字形要素を组み合わせて使います。 たとえば、英语版では 「|」「?」を続けて押すことにより「P」を入力することができます。

MessageEase


MessageEase[2]も テンキーを使ってアルファベットを高速に入力する手法です。 1~9のキーを2度押すとa,eなどの频出文字を入力でき、 1,2,3などのキーを押した後で5のキーを押したり 5のキーを押した後で1,2,3などのキーを押すことにより 频出文字以外の文字を入力することができます。

HoriKeys


HoriKeys[3]は、 テンキーと倾きセンサを组み合わせることにより、 テンキーをASCIIキーボードのように 使うことができるようにしたシステムです。 テンキーを左に倾けたときは テンキーがQWERTYキーボードの左侧部分に対応し、 「Q」「W」「E」などのキーが入力可能になります。 また、右に倾けたときはQWERTYキーボードの右侧部分に対応し、 「U」「I」「O」などのキーが入力可能になります。 テンキーを左に倾けて「4」のキーを押すと「A」が入力され、 右に倾けて「4」のキーを押すと「J」が入力されます。 HoriKeysでは、英文字を1文字入力するために キーを复数回押す必要がありません。 HoriKeysのWebページでは使用例を示すムービーが公开されていますが、 これを见る限りかなりの速度で入力を行なうことができるようです。

T9日本语版

1月号で绍介したTegic社のT9[4]は日本语版が登场しました。 日本语版T9では、テンキーに 「あ行」「か行」「さ行」などが割り当てられており、 読みを正确に指定せず暧昧に指定しながら 単语を绞りこんでいきます。 たとえば「今日」と入力したい场合、 「き」「ょ」「う」のように正确に読みを指定せず、 「か行」「や行」「あ行」とだけ指定します。 この结果 「きょう」「きゆう」「こよう」などの 読みの候补が得られますが、その中から 「きょう」を选択した後、汉字変换を行なって 「今日」を选択します。 10月中旬発売のデンソー制のJ-フォン「J-DN31」[5]には 日本语版T9が登载され注目されています。

Touch Me Key


Touch Me Key[6]は东京大学の田中久美子氏が开発した入力方式で、 T9と同じように、 缀りや読みを正确に指定せず暧昧に指定しながら 単语を绞りこんでいく手法です。 Touch Me Keyで「今日」と入力を行なう场合、 「か行」「や行」「あ行」と指定する点は T9と同様ですが、 「今日」「杞忧」「雇用」のような汉字候补を直接 表示して选択可能になっています。 Touch Me Keyでは PPM(Prediction by Partial Match)法という方法で 前の単语列から次の単语を予测することにより、 必要な単语が候补として出现しやすくなるような工夫が なされています。

ThumbSync


ThumbSyncは 株式会社ゼン[7]が开発した、 IBMのトラックポイントのような 多方向操作スティックを用いて文字入力を行ないます。 スティックを上図のように动かすことにより 「A」「B」などの文字が入力することができます。

FrogPad


FrogPad LLC, Incは、 片手で使える FrogPad[8] というキーボードを贩売しています。 英语版のFrogPadでは よく使う文字が3×5のキーに割り当てられています。 日本语版では 母音が5列のキーボードに対応するようになっています。

Metropolis Keyboard


Metropoils Keyboardは IBMのアルマデン研究所のShumin Zhai氏の开発した 携帯端末用のソフトキーボード配列です。 QWERTY配列のASCIIキーボードをそのまま ペン端末上のソフトキーボードとした场合、 よく使う文字の并びがばらばらな位置にあることが多いので 无駄にペンを动かす必要があります。 たとえば 「and」のような频出単语であっても ペンを左右に动かさなければなりません。 Metropolis Keyboardでは、 ペンの动きが最小になるように配列が计算されています。


ドコモの调査によれば、 最近の女子高生は、「か」キーを5回押して「こ」を选択するような 携帯电话のマルチタップ操作を5回の操作とは考えておらず、 単一の操作と考えているのだそうです。 キーを押す回数を减らすために 各种の入力手法が考案されてきているわけですが、 ユーザーがこのような意识を持っているのならば タップ数を减らすための工夫はあまり意味がないことに なってしまいます。 この话を最初に闻いたときは非常に惊きましたが、 よく考えてみると、 PC操作において ダブルクリックを2操作と普通はカウントしないのと 同じことなのかもしれないと思うようになりました。 熟达してくると、数えなくても指が5回上下するように なるのかもしれません。 QWERTY型のキーボードで高速入力が可能なのは 人间が一生悬命练习するからです。 携帯入力の场合も、 「覚えやすいけれども遅い手法」よりも 「多少覚えにくいけれども高速に入力できる手法」の方が 生き残るのかもしれません。 ソフト/ハード技术の工夫と人间の适応能力がうまくマッチした手法が、 携帯入力戦国时代の覇者となることでしょう。

  1. http://www.neopad.com/index_j.html
  2. http://www.messagease.com/
  3. http://www3.ocn.ne.jp/~horikeys/
  4. http://www.tegic.com/
  5. http://www.j-phone-east.com/company/n/2001/010903_4.htm
  6. http://www.ipl.t.u-tokyo.ac.jp/~kumiko/TouchMeKey/TouchMeKey.html
  7. http://thumbsync.xenn.com/
  8. http://www.frogpad.com/
  9. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/OpenPOBox/info/InputMethods.html

Toshiyuki Masui