界面骇客日记(8) - UNIX年代记 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


ハッカーにより开発され、 専门家向けの特殊なOSだと长い间考えられていたUnixは、 一般ユーザから业务用端末まで幅広く使われるようになってきました。 LinuxやMacintosh OS Xのおかげで 目に见える形でのUnixの认知度が近年休息に高まってきていますが、 人目に触れない形の普及も进んできています。 今回はUnixの普及の歴史を简単に振り返ってみたいと思います。

ワークステーションUnix时代

ひと昔前、 Unixは主に计算机の研究や开発のために使われていました。 Unixには コンパイラ、エディタや各种のテキスト処理ツールが最初から揃っているなど、 他のOSに比べるといろいろな実験や开発が行ないやすかったため、 开発者はUnixを使ってテキストベースのプログラムを作ってきました。 また、カーネルからアプリケーションまでの 全ソースのライセンが可能でしたから、 私を含め、Unixのソースコードを読んでプログラミングの勉强をした人も 多かったようです。 当事、 パーソナルコンピュータは ワークステーションと独立に进化しており、 计算机と関系ない仕事をしているユーザにとって ゲームやワープロ、表计算ソフトなどが 主なアプリケーションとなっていました。 10年前のパーソナルコンピュータでは Unixを动かすことができませんでしたが、 Unixに惯れたユーザにとっては 当事のパソコンは非常に使いにくいものだったので、 DOSマシンでも动くUnix风のコマンドを工夫して使ったり して苦労していたものです。

PC-Unix时代

8086や80286を使った昔のIBM PC互换机では Unixをまともに动かすことはできませんでしたが、 80386、80486などで32ビットアドレスが使えるようになり、 IBM PC互换机の上で动作する LinuxやFreeBSD Unixのような、 いわゆるPC Unixが出现し、これにより ワークステーションとパソコンは别物という意识がだんだん 薄れてきました。 FreeBSDが386のノートPCで走っているのを最初に见たときは さらに惊いたものですが、现在はノートPCでUnixが走るのはあたりまえであり、 大抵の环境で动くものを见ても惊かなくなってきました。 现在では、 プログラムを自分で作る机会の多い 计算机科学関连の学生のほとんどはノートPCでFreeBSDやLinuxを 使っているようです。 本当のUnixではありませんが、 Windows环境でもUnixの各种のツールが使えるようにした Cygwin环境も最近よく使われています。

一方、最近はパソコンでUnixを标准采用する动きも増えています。 カシオのFIVAのようにLinuxを标准装备したパソコンも贩売されるように なりましたし、 MacintoshではOS XでUnixが全面采用されたことにより Unixのユーザが飞跃的に増大すると考えられます。

携帯端末Unix时代

数年前には、ノートパソコンでUnixを动かすのは珍しいことでは なくなっていましたが、 NECのMobile GearにFreeBSDを移植した 「PocketBSD」を「たけむらさん」というハッカー (*1) が1998年に発表したときは惊きました。 Mobile Gearは80486互换CPUを登载したいわゆるDOS/Vマシンであるため ノートパソコン用のFreeBSDが动くのはわかるのですが、 「なんとか动く」というレベルではなく、 実用になるUnixが乾电池で动く点には感心しました。 Mobile Gearはその後Windows CEベースのMobile GearIIとなったため DOS/V版のMobile Gear(DOSモバ)は生産中止となり、 新たに入手するのは困难になってしまいました。

现在、ノートパソコンより小さな携帯マシンでUnixを使いたい场合は WindowsCEマシンに移植されたNetBSDやLinuxを使うのが良いようです。 MIPSベースのWindows CEマシン上でNetBSDを动かす NetBSD/HPCMIPSプロジェクトがPocketBSDを引き継いだため、 Mobile GearIIやシグマリオンを含む各种のWindows CEマシンで NetBSDを动かすことができるようになっています(*2)。 また LinuxをWindows CEマシンで动かす Linux-VRプロジェクトも进んでいます(*3)。 これらの、 WindowsCEマシンでUnixを动かす方法については Web上で详しい解説记事も出ています(*4)。

PDAのUnix时代

キーボードはどうしても场所をとるので、 PalmPilotやPocketPCをはじめとする 小型のペン型PDAが最近流行しています。 ペン型のPDAは、持ち歩いてメモをとったりメールを読んだりという 一般的用途には便利ですが、 プログラムを书いたり数値计算を行なったりするための 机能は用意されていないのが普通で、 このような机能が必要なときに困ってしまいます。 たとえば、 歩いているとき突然新しいアルゴリズムを思いついた场合や、 复雑な计算が必要になったりした场合、 PalmPilotで実际にそれを実験することは难しいので アイデアをかきとめるのがせいぜいです。 しかしUnixマシンを持ち歩いていればその场でプログラムを书いて 実験することができます。 PDAでもUnixが动けばこのように要求にも柔软に対応できますから、 最近はペン型PDAでもUnixを使う动きが増えてきました。 现在最速のPDAと评判の、CompaqのiPAQではLinuxの上で X Windowを动かすことができます。

iPAQで动作するLinuxとX Window System
www.handhelds.org

また、 Agenda Computingは LinuxをOSに采用した 「Agenda VR3」というPDAの贩売を开始しています。

Agenda VR3
http://www.agendacomputing.com/

シャープは米国向けのザウルスに今後Linuxを采用すると発表しましたし、 Unixは携帯端末のOSとしてもこれから普及していきそうです。

谁でもどこでもUnix时代

一般家庭で使う情报家电制品や、 バーティカル市场でよく使われる ハンディターミナルなどでもUnix采用の动きが増えています。

日立はFlora-ie 55meという携帯型のLinux情报端末を発表しています。 Flora-ieはIBM PC互换アーキテクチャのペン计算机ですが、 ハードディスクは持っておらず、 Mobile LinuxがCompact Flashに格纳されています。

Flora-ie 55me
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/ie/flora_ie/ch55mi.htm

バーコードリーダやプリンタをもつハンディターミナルのOSとして Linuxを采用したDAT500という制品もあります。 少し前までは、このような小型机器でUnixを动かすということは 考えられなかったので、 机器毎にプログラム开発环境を用意したりその上でのアプリケーション开発を 行なったりするのが普通でした。 Unixが使える场合は、独自环境を构筑するよいは はるかに効率的なプログラム开発が可能になりますから、 多少无理をしてもUnixを采用する意义があるのでしょう。

http://www.4p-online.com/4p/dat500.html

IBMは腕时计にLinuxを载せたものを试作しています。 腕时计のLinuxが何の役にたつのかはよくわかりませんが、 そこまでできるのか! と惊いてしまいます。

http://www.linuxdevices.com/news/NS5153961039.html

インフラUnix时代

Unixは家庭内で今後さらに使われてくる可能性もあります。 MP3やビデオデータなどのサーバを一家に一台持っていれば どこでも音楽を闻いたり映像を见たりできて便利です。 私は大容量ディスクを持つLinux PCを一台 ビデオと音楽専用に使っていますが、 ディスプレイやキーボードは全然使っておらず ただのファイルサーバになっています。

「子羊ルータ」のような、 ハードディスクを持たない超小型のLinuxマシンが 家庭用意ルータとして贩売されていますが、 名簿や予定表のような小さなデータを家庭内で共有したい场合は このようなマシンを家庭内データベースとして使えば便利でしょう。

子羊ルータ
http://www.wildlab.com/

冷蔵库や电気釜など、计算机と関系なさそうな家电制品も 今後はネットワークに接続されるのが普通になってくるかもしれません。 V-Syncは、Linuxを登载した「インターネット冷蔵库」を试作しています。 自动车にもUnixサーバを装备し、 车库との间で地図や音楽をコピーできれば便利かもしれません。

ブイシンクのインターネット冷蔵库
http://www.v-sync.co.jp/r_d/net_fridge.html

家电制品や车や各种のセンサがネットワーク接続される时代、 Unixが縁の下の力持ち的に使われるようになる可能性が大きいと思われます。 ディスプレイとキーボードをもつような现在主流の计算机は、 ゲームやテレビなどのためだけに使われる、 特殊な存在になってしまうかもしれません。


Unixを使う理由は时代とともに変わってきました。 昔は主に研究开発に便利だという理由で使われていましたが、 现在は、 ソースが手に入る点、フリーで使用できる点、安定した点などが 重视されているように思われますし、 今後はただ「単にそこにあるから」使われるという场合も増えてきそうです。 形を変えながら长い间生き残ってきたUnixが今後どのように社会に 浸透してくるのか楽しみです。
  1. http://www02.u-page.so-net.ne.jp/ca2/takemura/
  2. http://www.netbsd.org/Ports/hpcmips/
  3. http://pc1.peanuts.gr.jp/~kei/linux-vr.htm
  4. http://pcweb.mycom.co.jp/special/2001/ce-unix/

Toshiyuki Masui