界面骇客日记(5) - 続: モバイル入力戦国时代 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


1月号ではモバイル机器向けの新しい文字入力手法をいくつか绍介 しましたが、その後も新しい手法が続々と発表されています。 まさに戦国时代という名前がふさわしくなってきたように思います。 携帯电话でメールを书きたいという要求は 强まるばかりのようで、 携帯电话の数字キーを使った文字入力手法が 続々提案されています。

T9日本语版

Tegic CorporationのT9という入力手法について 1月号で绍介しました。 T9では ひとつのキーに割り当てられた复数の文字を区别せずに 暧昧性を含んだまま入力を行なっていくのが特徴です。 たとえば ?input? という単语を入力したい场合、 携帯电话では ?i?は「4」キーに、 ?n?は「6」キーに 割りあてられていますから、 「4」「6」「7」「8」「8」 のキーを顺番に押します。 T9はもともと欧米言语向けに开発されたものですが、 Tegicは最近日本语版T9を発表しました。 日本の携帯电话では、 「1」キーに「あ」行、 「2」キーに「か」行... を割り当てるのが普通になっているので、 英语版と同じように 「あ」から「お」を入力する场合は「1」を押し、 「か」から「こ」を入力する场合は「2」を押します。 たとえば 「おはよう」と入力したい场合は 「1」「6」「8」「1」 と入力することになります。

日本语の単语の読みは英単语の缀りに比べると短いのが 普通なので、短い単语を入力する场合はT9の暧昧性が问题に なることがあります。 例えば、「会」 と入力するためには「2」「1」のキーを顺番に押すことになりますが、 これでは「下位」のような同音语や、 「声」「恋」「希有」などのように 同じキー操作となる単语の区别が难しいことになります。 このため、日本语版T9では 最初に「かい」「こえ」などの読みを确定してから その読みに対応する汉字を选択するようになっています。 また、暧昧性を使わず、 通常の携帯电话と同じように キーを复数回押すことにより読みを指定する手法も用意されています。 Tegicは现在20ヶ国语以上に対応したT9を用意しているようです。

eZiText

eZiTextはカナダのZi Corporationが开発した入力手法で、 T9と同じように 暧昧性のあるキー操作で文字を指定していきます。 T9とどこが违うのかはZi CorporationのWebページを见る限り よくわかりませんが、 Ziのページでは これはZi独自の特许技术だと主张しています。 Zi Corporationも 各国语に対応したeZiTextを开発しているようです。

WordWise


WordWiseは、 Eatoni Corporationが 携帯电话向けに开発した入力手法です。 WordWiseでは、 T9やeZiTextと同じように、 通常の携帯电话のテンキーに印刷されたアルファベットを使い、 暧昧な文字指定を行なうことも同じですが、 余っている「1」キーを补助キーとして使うのが特徴です。 补助キーを押しながら他のキーを押した场合は 暧昧性无しに 「代表文字」が确定するようになっています。 たとえば、「1」キーを押しながら「2」キーを押した场合は 「2」キーの代表文字である「C」が确定し、 普通に「2」キーを押した场合は「A」または「B」が指定されると いった具合です。 「2」から「9」までのキーに対して ?C?, ?E?, ?H?, ?L?, ?N?, ?S?, ?T?, ?Y? が代表文字となっています。 たとえば ?yes? を入力する场合は 「1」キーを押しながら「9」「3」「7」キーを 押せばよいことになります。
必ずしも出现频度が最も高い文字が代表文字になっているわけではありません。 例えば 「3」キーに対応する 「D」「E」「F」の中では「E」が代表文字になっていますが、 「1」キーに対応する 「A」「B」「C」の中では「A」が最も出愿频度は高いにもかかわらず 「C」が代表文字となっています。 代表文字は、 暧昧性が最小になるように、 言语の统计的性质を计算して选んであるということです。 「b」も「c」も子音であり、 「bar」と「car」、 「book」と「cook」 のように、「b」と「c」を交换できることはよくありますが、 「a」と「b」を交换できることは多くありませんから 「c」が代表文字に选んであるのでしょう。 一方、「e」は他の文字に比べて圧倒的に使用频度が高いので 代表文字に选んであるのだと思われます。 このような工夫の结果、 T9やeZiTextなどの手法よりも、 暧昧性に起因する単语选択の必要性ははるかに少なくなるそうです。

WordWiseは、 同じ単语を入力するために押すキーの数が T9やeZiTextの场合よりも多いわけですから、 T9やeZiTextよりも暧昧性が少なくなるのは当然ですが、 补助キーの押しやすさや 代表文字の覚えやすさなどによって 実际にどちらが使いやすいかが决まるだろうと思います。

ThumbScript



现在の日本の携帯电话では 同じキーを复数回押すことにより読みを指定するのが 一般的になっていますが、 一方ポケベルでは异なるキーを组みあわせて押すことにより 読みを指定するのが一般的です。 たとえばポケベルでは「x」「y」を顺番に押すことにより 「Y」という読みを指定するようになっており、 このような入力手法を「ポケベル式」と呼ぶ人もいるようです。 Thumbscript Developmentが开発した ThumbScriptは、このような「ポケベル式」を英数字に 适用した入力手法です。 ポケベル式はキーの组み合わせを记忆するのが大変ですが、 ThumbScriptではキー操作を文字の形态に近づけることにより キーの组み合わせを记忆しやすいような工夫をしています。 例えば、「C」を入力する场合は、 「C」の字形に対応するように、 右上キーと右下キーを顺番に押すようになっています。

TagType


TagTypeは、 Leading Edge Designの山中俊治氏が 田川欣哉氏の东京大学での卒论研究をもとにしてデザインしたキーボードで、 左右5个ずつのキーを使ってひらがなを入力できるようにしたものです。 日本语の母音と子音(五十音の行と列)を顺番に指定して 読みを指定する方式は昔から沢山のものが提案されてきており、 ミサワホームのCUT KEYや 富士通のSH-Keyのように商品化されているものもあります。 TagTypeは、まだ商品化の予定はないようですが、 両手で持ちやすいように特别にデザインされている点が 特徴的かもしれません。

Half Qwerty


Matias Corporationは长年 「Half Qwerty」キーボードという片手キーボードをを提案しています。 Half Qwertyキーボードは 普通のキーボードを真ん中で折り畳んだような形式に なっており、ひとつのキーにふたつの文字が対応しています。 たとえば「G」と「H」は同じキーにマッピングされており、 补助キーを押すかどうかでこれらを区别します。 体の左右は対称的なので右手の中指操作と左手の中指操作は 感覚的に似ており、右手の中指操作を左手中指操作に置き换えて 考えるのは意外と简単です。 タッチタイプが完璧にできる人ならば、 片方の手の动きをもう片方の手にマッピングして Half Qwertyキーボードを使うことはそれほどむずかしいことでは ありません。 Matiasは、 最近はPalmPilot用のHalf Qwertyキーボードも贩売しています。 PalmPilotやPocketPCのような携帯端末では、 片手で携帯端末を持って、 もう片方の手でペンを操作するというスタイルが一般的であり、 デスクトップ计算机の场合は、 端末は固定しておいて両手でキーボードを操作するという スタイルが一般的ですが、 Half Qwertyはちょうどその中间のような方法かもしれません。 Half Qwertyに惯れてしまえば、 携帯端末でもデスクトップ计算机でも 同じ手法で文字入力を行なうことができるようになるでしょう。
よく言われるように、 最近の女子高生などは ポケベル方式で何の问题もなく文字を入力してしまいますから、 予测を用いる入力手法や暧昧性のある入力手法はあまり意味が ないかもしれません。 一方、Half Qwertyのような手法は Qwertyキーボードに熟练していない人にはあまり意味があるとは 思えませんし、 どのような机器に熟练した人がどの程度存在するかにより 文字入力の世界を制覇するものが决まるのかもしれません。
3月号でも书きましたが、 いわゆる障害者向け入力手法と モバイル/ユビキタス向け入力手法は ほとんど同じものが使えることが多いようです。 TagTypeはもともとは障害をもつ特定の个人用に 开発されたものだそうです。 いろいろな侧面からモバイル入力の手法の研究が 进んでいってほしいものです。
4月初旬には米国で モバイル入力に関するワークショップも开催されるので 天下を取るべく撃ち入ってみたいと思っています。
Tegic Communications
http://www.tegic.com/
Zi Corporation
http://www.zicorp.co.jp/
Eatoni Corporation
http://www.eatoni.com/
Thumbscript Development, LLC.
http://www.thumbscript.com/
TagType
http://www.lleedd.com/tagtype/
Matias Corporation
http://www.halfkeyboard.com/
ACM CHI2001コンファレンス并设モバイル入力ワークショップ http://www.acm.org/sigs/sigchi/chi2001/ap/technical-program/sunday-workshops.html
Toshiyuki Masui
Last modified: Tue Jan 23 11:27:24 JST 2001