界面骇客日记(4) - ユニバーサルデザイン 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


ユニバーサルデザイン

「ユニバーサルデザイン」という言叶を御存知でしょうか? 改造や特殊な设计を行なわなくても 谁でも使えるような机器や环境のデザインのことを ユニバーサルデザインといいます。 似たような意味の「バリアフリー」という言叶がありますが、 こちらは 现在使われている机器に「バリア」が有るのが前提となっているように 感じられるのに対し、 ユニバーサルデザインという言叶は、 最初からバリアの存在しない公平な机器を设计するべきであるという、 より新しい考え方を表现しています。

情报机器のバリア

现在の计算机には沢山のバリアがあります。 昔の计算机や电卓はスイッチやキーボードだけで操作するように なっていましたから 指一本でもなんとか使うことができましたが、 近年の计算机ではグラフィカルインタフェースが主流になったため、 マウスのようなポインティングデバイスを 动かしたりクリックしたりする操作ができないと まともに使えないようになってしまいました。 このため、年配の方などの场合、 ダブルクリックができなかったり 细かい画面を制御するための微妙なマウス操作が难しかったりするために GUIを使いこなせないといった问题が発生しています。 また、数字や文字のみを出力する计算机は、 画面表示のかわりに音声で出力を読み上げることによって、 目の见えない人でも比较的简単に使うことができましたが、 GUIベースのシステムは音声読み上げが难しいため 目の见えない人には非常に使いにくいものとなってしまいました。 このように、 インタフェースを进化させたために かえってバリアが増えてしまうという倾向が多く见られていました。

现在、ほとんどの计算机は 若者やビジネスマンを対象に作られており、 キーボードやマウスを上手に操作できない人のことは あまり重视されていませんし、 目が见えない人や手足が不自由な人のことはさらに 考虑されていないことが多いようです。 一般的な入出力装置を使用できない场合は 特殊な「障害者用机器」を使用する必要がありますが、 このような机器は値段が高かったり入手が难しかったりするため 広く使われているとはいえません。 情报机器が最初から ユニバーサルデザインにもとづいて设计されていれば このような问题は発生しなかったはずです。

ユニバーサルデザインを促进するインタフェース手法

ところが、 近年はこのような状况が大きく改善されつつあるように思われます。 最近の计算机インタフェースの研究では 「モバイルコンピューティング」と 「実世界指向インタフェース」が 大きな流れとなっていますが、 これらの研究分野では ユニバーサルデザインに贡献する技术が数多く提案されているからです。

モバイルコンピューティングとユニバーサルデザイン

モバイルコンピューティングとは何であるかについては いろいろ议论があります[1]。 ノートPCを持ち歩いて使うことを モバイルコンピューティングと呼んでいた时代もありましたが、 现在は、 PDAや携帯电话を持ち歩いていろいろな场所や状况で使うことを モバイルコンピューティングと呼ぶことが多いようです。 モバイルコンピューティングの究极的な形态として、 衣服のように身につけて使う 「ウェアラブルコンピュータ」や 人间の体と计算机を一体化してしまう 「インプランタブルコンピュータ」 なども近年よく话题になっています。

固定された机の上の大きな计算机画面を、 両手で使うキーボードで操作する场合と异なり、 モバイルコンピューティングで使われる机器には 制限がつきものです。 持ち歩いて使うPDAや携帯电话などは どうしても画面が小さくなりますし、 制限のある入力装置しか使うことができません。 歩きながら使ったり満员电车の中で使ったりする场合は、 画面を见ることができないかもしれませんし、 片手しか使うことができないかもしれません。

このように各种の制限のあるモバイルコンピューティング环境は、 目や手足が不自由な人の状况と変わりませんから、 モバイルコンピューティングのために工夫された入出力装置や手法には そのまま ユニバーサルデザインとして通用するものが沢山あります。 小さな画面に効果的に情报を表示するための技术は、 目の悪い人のための表示手法として使うことができますし、 计算机を片手で操作するための技术は 手足の不自由な人が计算机を使うための技术として使うことが できます。 同じ携帯计算机でも、 歩きながら使いたいこともあれば 机の上で使いたいこともあるでしょう。 モバイル环境など いろいろな状况で使えるようにするためには 必然的にユニバーサルデザインが普及すると考えられます。

私は 予测と暧昧検索にもとづいた 「POBox」というテキスト入力手法を提案しています。 当初は、 PalmPilotのような ペン入力の携帯端末で高速に文章を作成できるようにするために 开発したものなのですが、 ペンに限らず どのような入力装置でも効果的に使えることがわかったので、 现在は携帯电话やEmacsでも活用しています。 (この文章はEmacs上のPOBoxで书いていますし、 POBoxを搭载したauのC406Sという携帯电话を使っています。) 実际、この手法を応用して、 アライド?ブレインズ(株)では 肢体障害者用入力システム「Pete」を开発しています。 Peteを使えば、 手足に重度の障害がある人でも Windows上で文章を作成することができます。


Peteの画面

このように、 モバイルコンピューティング用に开発された技术が ユニバーサルデザインの基础技术となる例は 今後多くなってくると考えられます。

実世界指向インタフェースとユニバーサルデザイン

计算机内部のデータと计算机の外の世界のデータや事物は 感覚的にかなり异なっており、 変换のためには各种の入出力装置が要るのが普通ですが、 これらの间のギャップは工夫次第でかなり小さくすることができます。 例えば、 纸の上に式を书けば自动的にその右に答が印刷されるような计算机や、 英単语を见ただけでその意味を教えてくれるような眼镜があれば便利でしょう。 このように、计算机内部のデータと现実の事物の间のギャップを最小にして、 计算机を意识することなく透明な存在として活用するための研究が 近年盛んになってきており、このような手法を総称して 「実世界指向インタフェース」と呼んでいます。

このように、 実世界指向インタフェースの研究は、もともとは 计算机画面上での计算环境を普通の纸や机の上でも実现したいといった 要求から始まったという面がありますが、 特殊な装置を使うことなく、 机械や计算机の存在を意识せずに 直感的にこれらを操作するという考え方は多くの场面で有効です。 例えば、 ドアの前に立つという単纯な行动により开く自动ドアは大変便利なのと同じように、 名刺を见ると名簿データが开く计算机は大変便利でしょう。

このような、 直感的な操作にもとづく実世界指向インタフェースは 计算机操作の様々なバリアを取り除くのに大変効果的です。 たとえば、 よくできた実世界指向インタフェースにもとづく プレゼンテーションシステムでは、 表示したいスライドを投影面に向けるだけで プロジェクタ画面が投影されるかもしれませんが、 普通のPCとプロジェクタを使う场合は、 PCを立ち上げて/ プレゼンテーションプログラムを立ち上げて/ 表示したいスライドの入っているファイルを开き/ スライドを探して/ PCをプロジェクタに接続して/... のように沢山の操作と労力が必要になってしまいます。 前者の场合は谁でも简単に使えると思われるのに対し、 现在のPCはバリアに満ちているといえるでしょう。

実世界指向インタフェースが普及すれば 様々なバリアは自然に消灭すると思われます。 たとえば电车に乗るとき、 现在は 自动改札机(=计算机)を纳得させるために 券売机で切符を购入するというバリアを越える必要がありますが、 谁がどれだけ电车に乗ったかを自动的に検出する 実世界指向システムを使えば、 このようなバリアは消灭するため自然とユニバーサルデザインが 実现されることになります。

ユニバーサルデザインのガイドライン

障害のために発生する不幸の大部分は 人为的な要因によるものであると思われます。 例えば私は 抵抗のカラーコードが読めなかったり 発光ダイオードの赤と緑が区别できなかったりするので、 人为的な要因によって不幸な状况になることはありますが、 山の红叶に気付かずに不幸な状况になることはありません。 人为的に引き起こされる不幸は 注意することにより解决可能です。

ユニバーサルデザインという考え方を提唱した ノースカロライナ州立大学のRon Maceらは 以下のように ユニバーサルデザインの7つの原则を示しています。

  1. どのような能力を持つ人に対しても有用であること
  2. 人によって様々な使い方ができること
  3. 経験/知识/言语/集中度によらず简単に理解できること
  4. 周囲の环境やユーザの感覚能力によらず必要な情报をユーザに伝えられること
  5. 误った操作をしても安全であること
  6. 余分な力を必要としないこと
  7. ユーザの様々な姿势や动作に対応できる大きさや场所があること
これらはあらゆる机器に関する原则ですが、 情报机器のインタフェースに対してもそのままあてはまります。 これらを常に头に置いて、 ユニバーサルなインタフェースのデザインを行なうことが重要でしょう。

インターネット时代の现在、 Webのインタフェースが非常に重要になってきているので、 谁もがWebページの内容を理解することができるようにするための 注意が必要です。 例えば、タグなどで画像が表示されている场合は、 その内容をタグで表现しておけば、 目の见えない人でも読み上げシステムを使って内容を知ることが できます。 たとえばW3CのWeb Accessibility Initiative (WAI)では Webページを谁もが読めるようにするための ガイドラインが提案されていますし、 Center for Applied Special Technology (Cast)の配布している Bobbyというツールを使えば Webページのアクセシビリティを検证することができます。


障害をもつ人のために 特别な机器やインタフェースを设计制造するのは 面倒ですし储からないと考えられがちですが、 ユニバーサルデザインにもとづいた设计により 储かる制品を作れる场合があります。 例えば、 电动アシスト自転车は 长崎や长野のような坂の多い町では沢山売れているそうです。 そもそも计算机は人间の能力を拡大するために使われるべきものです。 高齢者でも/子供でも/机械操作が苦手な人でも/障害があっても、 谁もが自分の能力を计算机によって拡大できるように なっていって欲しいものだと思います。

参考文献/URL

[1] 塚本昌彦. モバイルコンピューティング. December 2000, 岩波书店
[2] Pete
http://www.a-brain.com/project/PeteHP/
[3] Center for Universal Design (NC State University)
http://www.design.ncsu.edu/cud/
[4] Web Accessibility Initiative
http://www.w3.org/WAI/
[5] Center for Applied Special Technologyの 「Bobby」(Webページのバリアフリー度计算)
http://www.cast.org/bobby/
[6] UDIT (情报のユニバーサルデザイン)
http://www.udit-jp.com/
[7] バリアフリーからUDへ
http://www.sfc.keio.ac.jp/~s99433as/ud/
[8] Universal Design志
http://www.universal-design.co.jp/ud/
[9] こころWeb
http://www.kokoroweb.org/
[10] バリアフリーの扉 (IBM)
http://www.ibm.co.jp/accessibility/
Toshiyuki Masui
Last modified: Tue Jan 23 11:27:24 JST 2001