界面骇客日记(2) - 入力手法戦国时代 増亚博—亚洲的中文娱乐平台之


携帯电话や携帯端末のインフラやハードウェアが急速に进化していますが、 小さな端末上で文章やメッセージを効率良く入力する手法はまだまだ 确立しておらず、いろいろな会社が热い戦いを缲り広げています。 PalmPilotのようにペンの使える携帯端末では文字认识やソフトキーボードを使い、 携帯电话ではテンキーとジョグダイヤルを使うのが一般的ですが、 片手キーボードやゲームパッドなどではまた异なる入力手法が 必要になるでしょう。 限られた入出力装置をいかにうまく组み合わせて使うかが 工夫のしどころです。 今回は、 「我こそは携帯端末入力手法の覇者!」と名乗りを上げている (けれどもまだそうはなっていない) いろいろな手法を绍介します。

T9

Tegic Communications(http://www.tegic.com/) が开発した、 携帯电话用のテキスト入力システムです。 携帯电话では、 各キーにABC, DEFなど复数の文字が割り当てられており、 1回押せばA, 2回押せばB, のように キーを连打した回数で文字を入力していく手法が一般的ですが、 T9では ひとつのキーに割り当てられた复数の文字を区别せずに 入力を行なうのが特徴です。 たとえば「how」という単语を入力する场合は 「h」を含む4のキー、 「o」を含む6のキー、 「w」を含む9のキーを顺番に押します。 「iox」「gmw」などと入力する场合も 同じキー操作になってしまいますが、 英语の场合は「how」の出现确率が他に比べ非常に高いので ほとんどの场合「how」と确定してしまって问题ありません。 また単语の文字数が多い场合はさらに暧昧度が少なくなりますから 间违った単语を确定してしまう确率は非常に低くなります。 このため、ほとんどの场合は 全く修正を行なわなくても9个のキーだけで正しい文章を 入力することができます。


T9で「how」を入力

T9では自然言语辞书が必要ですが、 现在T9は10种类以上の言语に対応しており、 欧州の携帯电话で実际にかなり広く使われています。 Tegicはまた日本语や中国语に対応したものも开発しているようです。

Quikwriting

PalmPilotでは Graffitiという一笔书きアルファベットを使った 英数字入力が标准になっていますが、 Graffitiよりも効率が良いという英数字入力法が 最近いくつか提案されています。
QuikwritingはNew York UniversityのKen Perlinにより开発された 文字入力手法で、 Graffitiと同じように一笔书きで英文字を入力できるように なっています。 Quikwritingでは、 正方形の入力领域のうち 中心领域を除く部分を45度ずつ8分割したものを用いて、 ペンの领域间移动により入力文字を选んでいきます。


Quikwritingの入力画面

ペンの移动は中心领域から开始します。 中心から右の领域(u, t, yの领域)にペンを移动させた後 ペンを中心に戻すと"t"が选択されます。 また、右の领域から右上の领域(p, f, n, l, xの领域)に移动させてから ペンを中心に戻すと"u"が选択されます。 このように、 中心から始まって中心に戻るストロークで 文字を入力することができるので、 ペンを离すことなく复数の文字を続けて入力することが できるようになっています。 たとえば下図のようなストロークにより 「the」を入力することができます。 このように、各単语をストロークとして覚えてしまえば かなり高速に単语を入力していくことが可能であると思われます。


Quikwritingで「the」を入力しているところ

Graffitiや手书き文字认识手法では ペンの上げ下ろしにどうしても余分な时间がかかりますが、 Quikwritingではそのような时间を省くことができるので、 习熟すればかなり高速に文字列を入力することができます。 とはいうものの、Quikwritingのストロークは文字の読みや形と 全く関系が无いので覚えるのはかなり大変ですし、 连続したストロークをなめらかに入力するためにはかなりの 练习が必要と思われます。 実际、私の知人は Quikwritingを覚えようとしたものの简単に挫折していました。 Graffitiは必ずしも高速ではありませんし、 认识率も必ずしも良好ではありませんが、 アルファベットの字形とよく似たストロークなので 初心者でも比较的覚えやすいという特长があるため普及が 进んでいるようです。 (それでもまだ敷居は充分低いとはいえないようですが)

Quikwritingは Ken Perlinのページ (http://mrl.nyu.edu/perlin/demos/quikwriting.html) において、Javaアップレットで実际に试してみることができます。 PalmPilot版もダウンロード可能です。

Octave

フランスのe-acute社が开発したOctaveも、 ペンを使って连続的に文字入力を行なう入力手法です。 OctaveもQuikwritingと同じように 中心から开始して中心に戻るペンの动きを使用しますが、 Octaveでは8种类の方向だけで文字を区别します。 8种类の方向だけでは 20个以上のアルファベット文字を区别することはできませんが、 T9と同じように、 复数の文字をひとつのストロークに割り当てて 自然言语辞书で候补を绞り込むことにより 暧昧性を解消しています。

PalmPilot版のOctaveでは 下図のような8角形の星型にくりぬかれたプレートを タブレット上に贴って使います。 T9の场合と异なり、 Octaveでは8种类の方向はアルファベットの字形に対応しています。 たとえば中心から左侧は、 「a」「c」「d」のように「?」のような形を含む文字に対応しており、 中心から右侧は、 「b」「p」のように「?」のような形を含む文字に対応しています。 Palm版Octaveでは、星型の领域以外は普通のGraffiti入力に 使うことができます。


Octave

e-acute社では、 汉字のストロークを8方向に対応させた 汉字用Octaveも开発しています。 例えば 右方向のストロークを汉字の横线に、 左方向を縦线に、 右上方向を「ノ」に対応させています。 少しだけ触ってみた印象では、 普通の汉字の文字认识を使うのに比べて利点はあまり感じられ ませんでしたが、今後の改良を期待したいところです。

入力手法の分类

沢山の方式が提案されていますが、 以下のようなカテゴリで分类することができるでしょう。 私は予测と暧昧検索にもとづく入力システム「POBox」 (http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/POBox/) を开発していますが、これも含めた以下のような表で いろいろな入力手法の特徴を概観できると思います。

手法 指定 直接/间接 予测 暧昧 入力単位
キーボードによる英语入力 缀り 直接 × × 文字
かな汉字変换 読み 间接 ×/○ × 文节
文字认识 字形 直接 × × 文字
T9 缀り 间接 ×(○?) × 単语
Quikwriting 缀り 直接 × × 文字
Octave 字形 间接 × × 単语
POBox 任意 间接 単语

最近は予测を行なうかな汉字変换システムもありますし、 予测つきT9も検讨されているようです。 今回绍介しませんでしたが、 入力された文字をもとにして 単语やフレーズをを暧昧検索する入力システムもあります。 どの方式が决定版になるかはまだまだ不明で、 戦国时代はまだ当分続きそうで楽しみです。
Toshiyuki Masui
Last modified: Sat Nov 25 12:05:48 JST 2000